ヤングケアラー支援に係るオンデマンド研修_FAQ

 オンデマンド研修で多くの質問が寄せられた内容について、FAQを作成しましたので、研修等の参考にしてください。

ヤングケアラーについて

Q.どこまでがお手伝いで、どこからがヤングケアラーととらえるべきでしょうか。

A.一概には言えませんが、子どもが「つらいと思った時に休めるか」どうかが、違いのひとつです。

 支援が必要なヤングケアラーは、多くの場合、家族が日常生活を営むために、家庭での仕事が割り当てられています。つまり、子どもが家事や介護をしなければ、家庭生活が機能しなくなる状態です。これは、子どもにとって、過度な負担と思われる場合が多いと考えられます。

 一方、お手伝いは親が家庭での教育の一環としてさせることもあり、「やってくれたら助かる」という場合が多く、子どもが疲れたと思ったときに休んでも、家族の生活は機能しています。

 「つらい時や疲れた時に、家事や介護を休めるかどうか」が、違いのひとつです。

【ガイドライン:P2】

Q.ヤングケアラー支援に対する理解については、子どもにどう指導すべきでしょうか。指導することで、「自分はかわいそう」「自分の家はおかしい」と誤った解釈を起こしかねないか心配です。どうしたらよいでしょうか。

A.子どもの権利が守られているかどうかが大切です。

 前提として、ヤングケアラーとして介護や家事に取り組むことには、よい面もあります。学校でも、家族の一員であることの大切さについて指導します。

 大切なことは、子どもが家事や介護で、友達と遊ぶ時間がない、宿題ができない、部活動をあきらめるなどの影響が出ていないか振り返らせることです。

 「家族を助けることは、とてもよいことだけれど、少しがんばりすぎていませんか。休むことはできていますか。」というメッセージを送ることが大切と考えます。

【ガイドライン:P2~5】

家庭の問題への関わり方について

Q.学校として家庭の問題にどこまで関わることができるかわかりません。家庭のことにあれこれ言うのも難しいと感じています。どうしたらよいでしょうか。

A.本人や家族の意向を尊重することが大切です。

 学校は、ヤングケアラー本人と接する時間が長く、発見・把握等で特に重要な役割を担っています。家庭そのものの支援ではなく、本人や家族の意向を確認し、適切な支援機関につなげることができるよう、連携先の確認をしておくことが大切です。

【ガイドライン:P10~12、16】

Q.本当なら、親が行う余裕があるのに、過度な家事や介護を、お手伝いとして子どもにさせていたり、頼っていたりする場合は、どうするとよいでしょうか。

A.民生委員や社会福祉課と連携し、多角的に状況を捉えることが大切です。

 保護者ができる家事をあえて子どもにさせている場合は、お手伝いをさせているとも考えられます。また、「頼っている」という状況であれば、家庭生活を送る上で子どもの力を借りなければならないのかもしれません。

 こうした家庭の状況を、学校が判断することはできないと思います。気になる子どもがいる場合は、民生委員や社会福祉課で把握している情報がないか確認するなど、多角的に状況をとらえ、複数の機関で家庭を見守る体制を整え、継続して見守ることが大切です。

【ガイドライン:P15、18~19】

Q.家庭内のことなので、保護者に伝えるのが難しいと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

A.プライバシーへの配慮が必要です。本人の意向を確認しましょう。

 先生が子どもから教育相談で心配な様子を聞いたので、家族に話を聞きたいとします。教育相談で得た情報については、プライバシーへの配慮が欠かせませんので、子ども本人の意思を確認せず、相談内容を家族に伝えることは難しいのではないでしょうか。

 その場合、相談のあった子どもについて、学校生活での支援を検討するとともに、支援を続けていく中で、必要に応じて繰り返し意思確認をすることが大切です。

【ガイドライン:P12、15】

ヤングケアラーの早期発見について

Q.本人が(ヤングケアラーであると)認識していない場合、どのように対応すればよいでしょうか。

A.継続的な見守りが大切です。

 本人に自覚がないからといって、「あなたはヤングケアラーだから、なんとかしなければならない」と伝えることはできません。「ヤングケアラー=悪」ではありませんし、かわいそうと思われたり、ケアを受けている家族を悪く言われたくないと感じていたりする場合もあります。また、子どもが責められているように感じ、大人への信頼を損なうこともあります。

 本人のことを気にかけ、心を開くまで寄り添い、タイミングをみて困っていることを聞きとるなどして、本人を支えることが大切です。

【ガイドライン:P4~5】

Q.本人が困っていない場合や「大丈夫」という場合の指導と対応はどうするとよいでしょうか。

A.継続的に見守ることが大切です。

 家事をすることで困ることがないのであれば、特別な支援(介入)は不要となりますが、将来的に家事が学校生活や進路選択に影響を与える可能性があります。そのため、定期的に教育相談で状況を確認したり、心配される状況を進学先に引き継いだりして、継続的な見守り体制を整える必要があります。

【ガイドライン:P4~5、7】

Q.家庭が、子どもに家事や介護をさせて、ヤングケラーであることを隠している場合はどうするとよいでしょうか。

A.本人や家族の意思を確認し、子どもを中心とした支援の在り方を考えることが大切です。

 家庭の状況によって、子どもが家事や介護に参加しないと日常生活を送ることができない場合があります。その際、子どもに過度な負担を強いているとは感じていないことや、子どももその生活が当たり前と考えていることが多いので、一概に「隠している」とは言えません。

 子ども本人の意思を確認した上で、学校生活に影響が出ていることを家庭に伝え、子どものよりよい生活に向けて、学校と家庭が協力するという視点で家庭に相談してはいかがでしょうか。

 なお、子どもが家庭の状況を知られたくないという思いから、家庭の状況やヤングケアラーであることを隠す場合もあります。まずは、子ども自身がどのような思いをもっているか、何を望んでいるのかを聞くことが大切です。

【ガイドライン:P4~5、12~13】

Q.ヤングケアラーに該当する子どもに気付くことは難しいと思いますが、教員が該当する子どもを見つけるために、積極的にアプローチする必要はあるのでしょうか。

A.「ヤングケアラーがいるかもしれない」という視点が大切です。

 日常の児童生徒理解の中で気付いた際に、支援が必要かどうかを確認することが大切です。

 これまでも行っている健康観察や教育相談、日頃の教室での会話など、子どもの様子を把握する際に、「ヤングケアラーかもしれない」という視点をもっていることが大切です。

【ガイドライン:P10~11】

ヤングケアラーに対して学校ができる支援について

Q.ヤングケアラーだということを、どのように子どもに理解させるのか、また学習の保障をどのように行うとよいのでしょうか。

A.本人や家族がどのような支援を望んでいるかが大切です。

 ヤングケアラーであることが悪いのではありません。また、「あなたはヤングケアラーです」とラベリングすることも必要ありません。日常的に家事を担っている場合でも、必ずしも学校や家庭での生活に大きな影響がなく、子どもの権利が守られているのであれば、特別な支援が必要ない場合もあります。家事や介護により過度な負担を強いられ、子どもの権利が守られていないという状況が課題なのです。

 学習の保障については、ヤングケアラー本人や家庭の状況を把握しながら行うことが必要です。例えば、週1~2回補習を実施する、または家庭で課題に取り組む時間を確保するために、ヤングケアラーが担う仕事を家族や福祉サービスの利用で代行できるか検討することなどが考えられます。

 こうした支援の方策については、関係機関につないで、家族全体への支援とあわせて検討することが大切です。

【ガイドライン:P16~19、28】

Q.実際にヤングケアラーと思われる子どもがいた場合、学校現場でどのような支援や取組ができるのでしょうか。具体的な方策はどのようなことでしょうか。

A.市町村の相談窓口に連絡し、関係機関が役割分担することが大切です。

 ヤングケアラーが置かれている状況によって異なります。まずは、市町村のヤングケアラー対応窓口(※)に連絡することが大切です。

 ケース会議等を開き、関係機関と情報共有する中で、学校の役割についても明確になると思います。考えられる対応としては、登校時の健康観察、登校できない場合の学習機会の確保、個々の学びや家庭での学習状況に応じた宿題の設定、部活動への柔軟な参加(家庭の状況に応じて欠席や早退をできるようにする)などが考えられます。

 こうした支援策についても、当該ヤングケアラーの意向を踏まえて行うことが大切です。

※市町村のヤングケアラー対応窓口については、令和4年(2022年)6月29日付け教生学第361号通知で学校、市町村教育委員会にお知らせしています。

【ガイドライン:P16~19】

Q.早期発見、連絡、心のケア以外学校でできることはありますか。

A.学校での居場所づくりは、ヤングケアラーに限らず大切な取組です。

 学校は、教育機関ですので、個に応じた学びの充実に取り組むことが考えられます。宿題や家庭学習の時間が確保できなくても、授業の中で学習内容を確実に身に付けることや、同級生と関わって学ぶ楽しさを味わうことで、ヤングケアラーにとってケア(家事を含む)以外の居場所になり、心理面でのフォローにもつながります。

 子どもが学校に通いたいと感じることができる魅力ある学校づくりは、ヤングケアラーへの支援としても、大切なことだと考えます。

【ガイドライン:P17】

関係機関との連携について

Q.ヤングケアラーに気付いた際、つなぐべき関係機関とはどこですか。

A.市町村の相談対応窓口です。

 市町村のヤングケアラー相談対応窓口に相談しましょう。令和4年(2022年)6月29日付け教生学第361号通知で学校、教育委員会にお知らせしています。

【ガイドライン:P19】

Q.学校と福祉分野との連携が不可欠ですが、実際に対応を迫られた場合、判断は難しいと感じます。どうしたらよいでしょうか。

A.関係機関との「顔の見える関係」づくりが大切です。

 支援が必要なヤングケアラーを発見してから「関係機関との連携をどうしようか」と考えるのではなく、日常的にどこに相談すればよいのか確認しておくことが大切です。

 また、定期的に、市町村の関係機関と学校が顔を合わせる機会をもつなど、多機関の連携を図るためにはお互いに「顔の見える関係」をつくっていくことが大切です。

【ガイドライン:P16~17】

ダウンロード

本ページに掲載しているFAQの一覧です。内容は同じものです。

カテゴリー

page top