地学協働とは

01  地学協働とは

●北海道教育委員会では、地域学校協働活動を「地学協働」と造語化し、地域と学校が相互にパートナーとして連携・協働する活動を積極的に展開し、地域と学校のWin-Winの関係を構築します。
●地学協働は、地域の高齢者、成人、学生、保護者、PTA、NPO、民間企業、団体・機関等の幅広い地域住民等の参画を得て、地域全体で子どもたちの学びや成長を支えるとともに、「学校を核とした地域づくり」を目指して、地域と学校が相互にパートナーとして連携・協働して行う様々な活動です。
●子どもの成長を軸として、地域と学校がパートナーとして連携・協働し、意見を出し合い学び合う中で、地域の将来を担う人材の育成を図るとともに、地域住民のつながりを深め、自立した地域社会の基盤の構築・活性化を図る「学校を核とした地域づくり」を推進し、地域の創生につながっていくことが期待されます。例えば、高校生が地域に出て行って地域課題の解決に向けた学習を行う、地域住民と共に地域課題を解決するための事業を企画・実施する、地元の農産物を活用した商品開発に参画して共に地域づくりに関わるといった活動などが挙げられます。

活動概念図

 地域とともにある学校
●中央教育審議会は平成27年12月に、「新しい時代の教育や地方創生の実現に向けた学校と地域の連携・協働の在り方と今後の推進方策について」「チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について」の各答申をまとめました。これらは、それぞれ「地域とともにある学校」答申、「チーム学校」答申と呼ばれています。
●地域との連携などは、従来から「開かれた学校づくり」などの名称で進められていましたが、「地域とともにある学校」答申はさらに一歩踏み込んで、地域の人々と学校が教育目標やビジョンを共有して、一緒に協働するパートナーとなる「地域とともにある学校」を求めています。
●具体的には、地域全体で学校を支えるための「地域学校協働本部」の設置、地域住民や保護者が学校運営に参画する「コミュニティ・スクール(学校運営協議会)」の推進などが挙げられています。これらは、子どもたちの教育という共通の目標に向けて協働することによる「学校を核とした地域づくり」を狙ったもので、政府の掲げる「地方創生」の一環に位置付けられています。

 

 社会に開かれた教育課程
●社会のつながりの中で学ぶことで、子どもたちは、自分の力で人生や社会をよりよくできるという実感を持つことができます。また、このことは、変化の激しい社会において、子どもたちが困難を乗り越え、未来に向けて進む希望や力になり、そのため、これからの学校には、社会と連携・協働した教育活動を充実させることがますます求められています。
 ポイント① よりよい学校教育を通じてよりよい社会を創るという目標を、学校と社会とが共有すること。
 ポイント② これからの社会を創る子どもたちに必要な資質・能力が何かを明らかにし、学校教育で育成する。
 ポイント③ 地域と連携・協働しながら 目指すべき学校教育を実現する。

 

カテゴリー

page top