北海道社会教育委員の会議答申、建議など(平成元年10月)00


北海道社会教育委員の会議答申、建議など(平成元年10月)00



● 北海道社会教育委員の会議答申集録 ●

建 議3
「生涯学習社会の実現をめざす社会教育の振興方策について」

平成元年10月24日

北海道教育委員会委員長 細 谷  猛 様

北海道社会教育委員の会議  
議長 佐々木 隆 介

生涯学習社会の実現をめざす社会教育の振興方策について
―指導者のネットワーク化の促進―

(建 議)

 生涯学習社会の実現をめざす社会教育の振興方策の緊要な課題の一つは、人びとの多様な学習ニーズに適切に対応できる指導者を充実・強化することであります。これからは地域で活動している様々な指導者が、相互の連携・協力を緊密にし、活動の場を広げていくことが大切であり、このためのネットワーク化を図ることが必要であると考えます。
 北海道社会教育委員の会議では、青少年の自然体験活動を促進する専門的な指導者の養成が急務であることから、平成元年1月に建議の中間報告をまとめたところでありますが、この度、指導者全般について慎重に審議を重ね、別記の通り結論を得ましたので、行政施策への早期の実現が図られるよう期待し、ここに建議いたします。


● 北海道社会教育委員の会議答申集録 ●


カテゴリー

page top