ネイパル防災A・P(アクティブ・プログラム)月間

9月は、ネイパル防災A・P(アクティブ・プログラム)月間です!

APロゴ

 近年、地震や津波、洪水など、毎年様々な自然災害が頻発し、被災地の様子が報道される度に、自然の猛威に、尊い命や私たちが築いてきた暮らしが一瞬にして奪われてしまう現実を目の当たりにします。私たち大人には、いざという時にそれらの災害から身を守る術を子どもたちに伝えるという大切な役割があります。

 北海道教育委員会では、独自に開発した体験プログラムを通じて、災害が発生した場合でも、子どもたちが、主体的で安全に行動できる力やすすんで貢献する態度を育成するため、道内6施設のネイパルにおいて、「ネイパル防災A・P」を実施するとともに、毎年9月を「ネイパル防災A・P月間」と位置付けることとし、各施設等でプログラム資料や防災グッズなどを展示します。

A・P月間実施会場

  • 各道立青少年体験活動支援施設ネイパル
  • 情報交流広場「まなびの広場」(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル(かでる2・7) 9階)

※まなびの広場でのパネル展示は9月15日まで。<終了しました。>

展示内容

各施設のプログラム資料、本プログラムで使用する防災グッズなど
(「まなびの広場」では、防災グッズなどは展示していません。)

まなびの広場展示

森展示

カテゴリー

生涯学習推進局社会教育課のカテゴリ

page top