スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 総務課 >  飲酒運転根絶の取り組み


最終更新日:2012年9月11日(火)

      飲酒運転根絶の取り組みについて

                                         平成18年10月17日
                                  

 道教委では、これまでも全職員に対し、交通違反・事故の防止について、教育にかかわる者として、その立場を踏まえた自覚と行動を促しているところですが、職員の飲酒運転が跡を絶たない状況にあります。
 さらに18年8月25日に福岡市内で発生した事件を踏まえると、飲酒運転の根絶は大きな社会的課題であり、職員自らが、飲酒運転の根絶に向けた取組みを強く進める必要があることと判断し、飲酒運転に対する処分を一層厳しい内容で見直しました。
 道教委では、今回見直した処分の考え方の一層の周知徹底と飲酒運転の理解を深めることが必要と考え、10月16日付けで次の研修資料を道立学校などの所属に配付し、職場内研修を実施することとしましたので、お知らせいたします。

    ○飲酒運転防止研修資料H19(PDF版733KB)

    ※平成19年10月29日、道路交通法の改正や懲戒処分に係る考え方の見直しに伴い、研修資料を一部改訂しました。