スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 生涯学習課 >  地域全体で子どもたちを育てる「学校週5日制における事例集」


最終更新日:2012年12月21日(金)


地域全体で子どもたちを育てる「学校週5日制における事例集」


地域全体で子どもたちを育てる
「学校週5日制における事例集」

 学校週5日制は、学校、家庭、地域社会の役割を明確にし、それぞれが協力して豊かな社会体験や自然体験などの様々な活動の機会を子どもたちに提供し、自ら学び自ら考える力や豊かな人間性などの「生きる力」を育むことをねらいとしています。

平成23年5月に道教委が公表した「子どもたちの『土曜日の過ごし方』に関する実態や意識についての調査」の結果からは、土曜日に行われる地域の行事に参加経験のある児童生徒の割合は、小学校5年生で74.8%、中学校2年生では58.9%と過半数を超えています。一方で参加経験のない児童生徒の割合は小学校5年生で24.8%、中学校2年生では40.3%となっており、その行事に参加しなかった理由として、「行事があることを知らなかった」や「行事に参加する気持ちにならなかった」が上位を占めました。
 このことから、行政や各種団体、企業等が魅力ある事業を企画するとともに、効果的な周知を行う必要があると考え、道内で土曜日に行われている特色ある取組について取り上げ、この事例集を作成しました。
各市町村における土曜日の事業の充実のための参考として活用していただきたいと考えています。


 ☆子どもたちの「土曜日の過ごし方」に関する実態や意識についての調査

 ☆各管内の特色ある取組
  ※道内各地では、豊富な生活体験、自然体験などを経験させ、子どもたちに豊かな心やたくましさなどの
    「生きる力」を育むために様々な事業が実践されています。
     ・空知管内
     ・石狩管内
     ・後志管内
     ・胆振管内
     ・日高管内
     ・渡島管内
     ・檜山管内
     ・上川管内
     ・留萌管内
     ・宗谷管内
     ・オホーツク管内
     ・十勝管内
     ・釧路管内
     ・根室管内 

 ☆特色ある公民館の取組
  ※道内の公民館等では、土曜日の子どもたちの活動を充実するための特色ある取組が積極的に実践
    されています。また、公民館と地域のコミュニケーションツールとしての「チラシづくり」のノウハウにつ
    いても紹介します。
     ・利尻富士町鬼脇公民館
     ・士別市中央公民館
     ・鹿部中央公民館
     ・乙部町公民館
     ・子どもたちへの発信「チラシづくり」

 ☆総合型地域スポーツクラブにおける土曜日の取組
  ※身近な地域でスポ-ツに親しむことのできる総合型地域スポーツクラブでは、休日にも多彩な活動が
    展開されています。

 ☆体力向上支援プログラムにおける土曜日の活動事例
  ※道内では、地域の関係機関等の支援・協力を得ながら、子どもたちが休日にも気軽にスポーツに親し
    めるように、学校・家庭・地域が一体となった取組が実施されています。
     ・サタデースポーツクラブ・スケートエンジョイスクール
     ・きたえ~るキッズクラブ
     ・岩見沢陸上クラブ
     ・グリーンジムとまこまい

 ☆体力向上支援事業指定校における土曜日や休日の事業の活用事例
  ※子どもたちの体力向上プランの作成や体力の向上、運動習慣の定着に向けた創意工夫ある取組を
    進める学校の中には、土曜日や休日に地域で行われている行事を活用しているケースもあります。
     ・中頓別町立中頓別小学校

 ☆あらゆる住民が活用できる活動拠点
  ※道内では、子どもから高齢者、障がい児・者を含むあらゆる福祉ニーズに対応した共生型事業が展
    開されています。その中には、地域の子どもたちが放課後を過ごす場としても定着しているケースも
    あります。
     ・当別町地域福祉ターミナル 地域オープンサロン