スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 生涯学習課 >  社会教育主事の資格について

教育委員会の分類: 生涯学習・社会教育 > 資格・試験・講座案内 > 資格・試験・講座案内

最終更新日:2017年6月26日(月)


社会教育主事の資格について







社会教育主事になるには




  社会教育主事は、道及び市町村教育委員会の事務局に勤務し 、社会教育についての専門的・技術的な指導と助言を行なう職員で、一定の資格が必要です。

 ※社会教育主事の資格に関する詳しい内容は、こちらの文部科学省のホームページをご覧ください。

社会教育主事の資格

(1) 大学に2年以上在学して62単位以上を修得し、又は高等専門学校を卒業し、且つ、3年以上社会教育主事補の職又は官公署等の社会教育関係の職にあった人で、社会教育主事講習を修了した人
(2) 教育職員普通免許状所有者で、5年以上の教職経験を持ち、社会教育主事講習を修了した人
(3) 大学に2年以上在学して、62単位以上を修得し、且つ、大学において国で定める社会教育に関する科目の単位を取得した人で、1年以上社会教育主事補の職にあった人
(4)社会教育主事講習修了者で、社会教育に関する専門的事項について上記に相当する教養と経験があると北海道教育委員会が認定した人
 ※社会教育主事資格認定規則 別記第1号様式 別記第2号様式 別記第3号様式

社会教育主事講習の受講資格

(1)大学に2年以上在学して62単位以上を修得した人、高等専門学校を卒業した人等。
(2)教育職員の普通免許状を有する人
(3)4年以上官公署や社会教育関係団体で文部科学大臣が指定する社会教育に関係のある職にあった人
(4)4年以上文部科学大臣が指定する教育に関する職にあった人

社会教育主事講習の実施について

 社会教育主事講習は、国立教育政策研究所社会教育実践研究センターが実施する、東京を主会場に、毎年7月の中旬から8月の下旬にかけて実施する[A]講習と、毎年1月から2月にかけて実施する[B]講習があります。
 また、北海道教育大学が、学校の夏期休業の期間に合わせて「社会教育主事講習」を実施しています。
 いずれも、教育委員会から学校あてに講習の案内があります。

【北海道教育委員会の社会教育主事の仕事を紹介します】

 ●ダウンロード「平成29年度版 北海道教育委員会 社会教育主事の横顔」(PDF 959KB)

 ※御不明な点がありましたら、各教育局社会教育指導班までお問い合わせください。

   空知教育局 0126-20-0139
   石狩教育局 011-204-5879
   後志教育局 0136-23-1985
   胆振教育局 0143-24-9893
   日高教育局 0146-22-9492
   渡島教育局 0138-47-9586
   檜山教育局 0139-52-6525
   上川教育局 0166-46-4953
   留萌教育局 0164-42-8104
   宗谷教育局 0162-33-3745
   オホーツク教育局 0152-41-0759
   十勝教育局 0155-26-9243
   釧路教育局 0154-43-9285
   根室教育局 0153-23-6937
  




【問い合わせ先】

北海道教育庁生涯学習推進局 生涯学習課
社会教育・読書推進グループ


060-8544
札幌市中央区北3条西7丁目 道庁別館7階

電話 011-204-5744(直通ダイヤルイン)
代表電話 011-231-4111(内線35-523)
※ 代表電話は開庁時間のみ ※

FAX 011-281-1487

電子メール等連絡先情報は
こちら
(新規ウインドウが開きます)



生涯学習課の
トップページへ