スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 生涯学習推進局生涯学習課 >  子育てワンポイントアドバイス_小中の子ども_家庭訪問


最終更新日:2017年2月26日(日)


子育てワンポイントアドバイス_小中の子ども_家庭訪問


タイトル
小中学校の子ども > 家庭訪問
 

家庭訪問

○ 先生方は、家庭訪問で得た情報等について他人に知らせることはできません(守秘義務)ので、安心してお子さんの教育についてお話しすることができます。

○ 家庭訪問の実施については、計画的に、例えば春先に実施している学校もあれば、不定期に繰り返して実施するなど様々な方法がありますので、お子さんが通学している学校の実施方法について理解することが大切です。

○ 家庭訪問日時や話題などについて希望がある場合は、事前に先生に伝え、より詳しい相談や話し合いを行うことができるようにすることが大切です。

<家庭訪問とは>
 家庭訪問は、学校と家庭との円滑かつ緊密な連携を図るために、各学校の年間計画などに位置付けて行われているものであり、我が国では戦前から行われきた取組の一つです。
 教師にとっては、一人一人の子どもを取り巻く家庭と地域の様々な実情を直接、見たり聞いたりすることにより、教育の効果をより高めることができますし、保護者の皆さんにとっては、教師と直接一対一で自分の子どもの教育について話をすることができる機会となります。また、学校と家庭との信頼関係を築く上でも大切な役割を果たします。

小中の子どもへ
戻る
c)2007 HOKKAIDO GOVERNMENT BOARD OF EDUCATION ALL RIGHTS RESERVED