スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 生涯学習課 >  北海道「朝読・家読運動」(保護者・地域向け)

教育委員会の分類: 生涯学習・社会教育 > 幼児・家庭・地域 > 関連ページ

最終更新日:2014年4月01日(火)

 

  北海道「朝読(あさどく)・家読(うちどく)運動」

   

読書は、子どもが、言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、想像力を豊かなものにし、人生をより深く
生きる力を身に付けていく上で欠くことのできないものです。
子どもの読書習慣は日常の生活を通して形成されます。
読書が生活の中に位置付けられ、継続して行われるよう、家庭での読書活動の習慣化に向けて積極的
に取り組むことが大切です。
家庭で、子どもが本に出会い、本に親しむきっかけをつくったり、読書に対する興味や関心を高めたりで
きるよう、「家読(うちどく)」に取り組んでみませんか。

読書活動に関する資料   


  ○ 読書活動普及・啓発資料(家庭・地域向け)(平成25年9月発行)
      「家族で一緒に読書を楽しみましょう!」 (PDF)
     
  ○ 「朝読・家読運動」啓発リーフレット(平成25年3月発行) (PDF)

  ○ 「朝読・家読運動」啓発リーフレット(平成24年3月発行) (PDF)

おすすめの本 等 

  ○ 「理科読(りかどく)おすすめ本リスト」
   ・  リーフレット版              ・ エクセル版

  ○ 「あなたにオススメ!理科読本」
   (「どの本を読もうかな?」と迷っている人は、質問に答えてピッタリの本を見付けよう!」

    ○  道内で活躍されている方々による「おすすめの1冊」 

 

読書に関するイベント情報等         

 ◇ 「生きる力をはぐくむ子どもの読書活動ネットワークフォーラム」について
   道教委では、文部科学省の平成25年度子どもの読書活動推進「読書コミュニティ拠点形成」
  事業の委託を受け、「生きる力をはぐくむ子どもの読書活動ネットワークフォーラム」を次のとお
  り、開催しました。

  ○ 日 時:平成26年1月25日(土)10:00~16:15
  ○ 会 場:ホテルライフォート札幌
         札幌市中央区南10条西1丁目

  ※ 詳細は、こちらをご覧ください。 

 

 北海道「朝読(あさどく)・家読(うちどく)運動」とは?
 北海道教育委員会が、子どもの望ましい読書習慣の定着を図るために、平成23年度から実施している取組です。
 ・「朝読(あさどく)」:学校における始業前の一斉読書の取組
 ・「家読(うちどく)」:家庭での読書を通して、家族のコミュニケーションを図ろうという取組

ぶっくん 北海道「朝読・家読運動」イメージキャラクター「ぶっくん」
  学校での朝の読書や家庭での読書を通じた子どもたちの読書習慣の定着を図るため、北海道「朝読・家読運動」のイメージキャラクターとして誕生しました。
 本から心の栄養をたっぷり吸収し、めがねがハート型になっています。

子ども読書活動推進ホームページ