ぶっくん朝読(あさどく)家読(うちどく)運動』のページ

 

 子どもの豊かな心や確かな学力を育むため、後志教育局では「朝読・家読運動」を進めています。 

 ★「朝読(あさどく)」~学校で授業が始まる前の時間を利用して、全員が好きな本を読む取組。

 ★「家読(うちどく)」~家族みんなで好きな本を読んで、読んだ本について話す取組。

ここでは、後志管内における、子どもの読書習慣定着に向けた取組などについて紹介します。

 

平成24年度北海道心の教育推進フォーラム

ほっかいどうブックフェスティバルinしりべし

 

平成24年11月17日(土)に、読書活動の大切さや、読書推進に係る様々な取組を知ることを通して、子どもの読書習慣の定着や心の教育の充実を図ることなどを目的に開催しました。親子、読書関係者、学校関係者、行政職員など、約400名が参加しました。

 

■「ほっかいどうブックフェスティバルinしりべし」報告書

 

 

■北海道「朝読・家読運動」イメージキャラクター ぶっくん

みなさんの学校図書館などでご活用を! 

 

 

ぶっくん(文字なし)ぶっくん(文字入り)※絵を右クリックすると

                                                       ダウンロードできます。

 

 

 北海道「朝読・家読運動」のイメージキャラクター「ぶっくん」を知っていますか?

 全道の小中学生にキャラクターを募集したところ、1,796点(後志管内からは255点)の応募がありました。その中で最優秀賞に選ばれたのが、ニセコ町立ニセコ小学校4年生・福井杏果さんの作品「ぶっくん」です。

 本で心の栄養をたっぷり吸収して、めがねがハート型になった愛くるしいキャラクターです。子どもの読書活動に関わる取組やイベント・印刷物などに、広くご活用ください。

 

 ※例えば…

   ・図書館や学校図書室などの掲示物やPOP

   ・図書館や学校などで配布するおたより

   ・その他、子どもの読書に関する様々な活動

 

 ☆あなたの近くの「ぶっくん」☆

 

   ■ニセコ町 世界の舞台に、「ぶっくん」登場!!(pdf/248kb) 

 

   ■後志教育局 「ぶっくん」がパソコンの壁紙に!(pdf/243kb) 

 

   ■後志教育局 「ぶっくん」を雪像にしました(pdf/162kb)

   

 

ぶっくんhukidasi

 

■蘭越町

 花一会図書館と「本との楽しい出会いを創る会」は、ひとつのテーマに沿った複数の本を紹介する「ブックトーク」を、小学校や中学校の授業の一環として進めています。

 

 蘭越町の取組(PDF・302KB)

 本との楽しい出会いを創る会

 

 

■古平町

 古平町教育委員会は、子どもたちが多くの本とふれあう機会をつくるため、北海道ブックシェアリングと連携し、 読書環境の整備や図書の循環を行っています。

 

 古平町の取組(PDF・329KB)

 北海道ブックシェアリング

 

 

ぶっくんhukidasi

 

 市立小樽図書館

 寿都町総合文化センター「ウィズコム」

 黒松内ふれあいの森情報館「マナヴェール」

 蘭越町「花一会図書館」

 ニセコ町学習交流センター「あそぶっく」

 真狩村公民館図書室

 喜茂別町図書室 

 京極町生涯学習センター「湧学館」

 倶知安町「絵本館」

 岩内町「こども絵本館」

 仁木町民センター図書室

 余市町図書館

 

 北海道立図書館 

 北海道教育委員会「子どもの読書活動推進ホームページ」

 上川23ネット家読チャレンジ「この本1000人読んだかな~」

 トップページへ戻る