スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 渡島教育局 >  主査(地域政策)のページ(公立学校適正配置計画・教育モニターなどを所管)


最終更新日:2018年9月28日(金)


主査(地域政策)のページ(公立学校適正配置計画・教育モニターなどを所管)


渡島教育局ホームページ トップページへ戻る
主査(地域政策)のページ 

ダイヤルイン電話番号 0138-47-9583                                                                                                  主査(地域政策)では、主に公立高等学校配置計画、地域教育政策推進事業等の事務を行っています。


◆公立高等学校配置計画

平成30年度第1回公立高等学校配置計画地域別検討協議会を開催します。  (終了しました)

「これからの高校づくりに関する指針」(素案)に係る意見を聞く会を開催します。(終了しました)

   


 ◆地域教育政策推進事業「縄文やってQ」

 地域教育政策推進事業(渡島総合振興局、北海道青少年体験活動支援施設ネイパル森)として子どもたちが縄文文化について学んだり、体験したりすることをとおして地域への愛着を育むことを目的に、平成29年度から毎年開催しています。今年は、北海道150年記念事業の一環として実施しました。小学生と保護者合わせて50名が参加し、縄文式土器づくり体験や鷲ノ木遺跡の見学、まが玉づくり体験など、さまざまな体験活動を行いました。 

  [●事業の概要:平成29年度 平成30年度]  NEW

                      
●平成25~28年「JOMON JAPAN」発見・体験ツアー
 渡島管内には大船遺跡など世界文化遺産登録を目指している縄文遺跡が点在し、国宝「中空土偶」をはじめ縄文時代の生活を知る上で貴重な土器・石器が数多く発掘されていることから、子どもたちが身近にある縄文文化を学び体験する機会を提供し、縄文文化を継承する人づくりや認知促進を図ることを目的に実施しました。

 [●事業の概要 : 平成25年度平成26年度 ・ 平成27年度平成28年度]                                            
                                                


 ◆渡島管内頑張る児童生徒表彰                                                                                 
 渡島教育局では、学校諸活動等で特に頑張った道立学校児童生徒を表彰し、激励することにより、児童生徒の更なる意欲の向上を図るとともに、管内教育の充実振興を図ることを目的に、「渡島管内 頑張る児童生徒表彰」を実施しています。

★平成29年度「渡島管内頑張る児童生徒表彰」表彰式を実施しました。[ 平成29年度 11月分 2月分

  [●過去の受賞者 : 平成19年度平成20年度平成21年度 ・ 平成22年度平成23年度平成24年度 ・ 平成25年度 ・ 平成26年度 ・平成27年度平成28年度


 ◆北海道教育の日                                                                                            
 11月1日は「北海道教育の日」です。
 また、10月から11月までの2ヶ月間は「北海道教育の日」の趣旨を広く道民に普及する協賛月間となっています。
 
 [●管内の主な事業 :平成20年度平成21年度平成22年度   ]
   北海道教育の日(道教委 教育政策課)のページへ(←詳細は左記「ロゴ」をクリック)


高等学校生徒遠距離通学費補助事業について(平成20年4月1日~)
 (「高等学校生徒遠距離通学費等補助制度の手引き」、「通学費等補助制度申請の手引き」など) 
「新たな高校教育に関する指針」が策定されました(平成18年8月1日)


◆関連だより・パンフレットなど
 ●  北海道の新しい高校づくり~総合学科、単位制、フィールド制、中高一貫などの取組について~ →  関連ページへ