スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 北海道立三岸好太郎美術館 >  展示室でのイベントに際し


最終更新日:2017年4月01日(土)


展示室でのイベントに際し



北海道立三岸好太郎美術館     MIGISHI KOTARO MUSEUM OF ART, HOKKAIDO

  三岸好太郎 

  コレクション 

     展  覧  会                 

 イ ベ ン ト      

  アクセス    利用案内

     美術館概要  

 展示室でのイベントに際し、観覧者、参加者の皆様へ

●展示室でイベント(音楽会・講演会その他の催し)を行う場合、実施時間帯に当該展示室の作品を自由にご観覧できなかったり、準備音・撤収音が発生する場合があります。

●イベントは通常、約1時間~1時間30分以内で終了予定です。

●イベントの準備や撤収に際し(イスの設置・撤収、ピアノ移動、スクリーン設置など)、危険防止等のため、一時当該展示室への入場を制限させていただく場合があります。作業はごく短時間を旨としますが、とくに入場ご希望の際はお知らせください。また、危険がないと判断された場合は、展示室オープンの状態で作業を行います。準備はイベント実施の約1時間前(場合により30分前)より行います。撤収は実施後30分以内に終了できるよう、迅速を旨として行いますが、移動や設置にともない、お客様のご観覧経路と交錯する場合など、ご協力をお願いさせていただくことがあります。ご迷惑をおかけしますが、何とぞご了承願います。

●イベントへは展示のご観覧とあわせ、自由にご参加、ご聴講できます(設置する座席には限りがありますのでご了承下さい)。展示室空間で、実際の作品とレクチャーの内容との絡み合いや音楽との響き合いをお楽しみください。

●座席の設置等で通路が狭くなり、たいへん恐縮ですが、極力、床のグレーのラインより壁から離れてご鑑賞ください。作品の安全へのご配慮をいただけましたら幸いです。

●イベントは1階の第3展示室で実施する場合が多いです。その他の展示室(1階第1、第2、2階第4、第5、資料展示室)は観覧自由です。2階から1階第3展示室を見下ろすこともできます。(混雑の状況により不可能な場合は、ご了承ください。)

 

観覧のためにオープンであるべきスペースに一時的にでも入場の制限を設けることにつきましては、たいへん恐縮に存じます。展示とも関連させ、絵画作品に囲まれた空間でイベントを行うことの意義に鑑み、また当館が多くのお客様を収容できる専用の部屋や施設を他に持たないことも含め、こうしたイベントの開催にご理解を賜りましたら幸いです。当館でのイベントの実施形態と実施日程についての周知を図っていきたいと考えております。

また、展示室での会話を禁止することはできませんが(むしろ会話をお楽しみながらご鑑賞いただけると幸いです)、展示に関連の無い話題でヴォリュームが大きすぎる、通路を長時間塞いでいる等のことには、気をつけてまいります。お気に障ることなどありましたら、どうぞお申し出ください。

各種イベントの開催につきましては、美術館をご利用される、より多くのお客様にご満足いただけるよう、バランスのとれた方向性を今後とも探ってまいりたいと存じます。お気づきの点などありましたら、どうぞご意見、ご教示を賜りますようよう、よろしくお願いいたします。


 北海道立三岸好太郎美術館トップページへもどる
              

北海道立三岸好太郎美術館   MIGISHI  KOTARO  MUSEUM  OF  ART,  HOKKAIDO                                                             〒060-0002 札幌市中央区北2条西15丁目  TEL: 011-644-8902    FAX: 011-644-8902   テレホンサービス:011-621-7000