スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 北海道立三岸好太郎美術館 >  赤い肩かけの婦人像


最終更新日:2018年6月20日(水)


赤い肩かけの婦人像



akai

赤い肩かけの婦人像油彩・キャンバス1924(大正13)660×510mm
Woman with Red Shawl   

劉生ばりの写実という点では、三岸の全作品中でもこの作品が最も近く、異色ともいえる画風を示している。「檸檬持てる少女」とは対照的に緻密な筆遣いで肩かけの質感を描き出し、正統な陰影法によって顔の肉付きを表している。モデルとなったのはこの年の秋に世帯を持つことになる吉田節子。つまり、後の洋画家・三岸節子である。「女子美時代、ライトレットのエリマキをしていて、形は四角、長いフサを垂らしていた。あのカルメンのエリマキに似ている。その私の肖像を描きに好太郎はずい分時日を重ねた」と後に回想している。切れ長の眼差しや手を握りしめ右肩を上げたポーズに意志的な人柄が映し出されている。 

The fine details of this piece are an unusual style for Migishi. The model is Setsuko Yoshida, a schoolgirl studying painting. Migishi prolonged the completion of this portrait, adding touches over and over. His efforts bore fruit and they got married.
 
红披肩女子像
这幅画是三岸画作中为数不多的精雕细刻、细致缜密的作品。模特是学习绘画的女学生吉田节子。三岸推迟完成这幅肖像画,不断对其进行修改添加。他的努力终于开花结果,二人结为伉俪。 

붉은 숄의 부인 상
미기시로서는 드물게 세부까지 치밀하게 그린 작품이다. 모델은 회화를 배우는 여학생이었던 요시다 세츠코. 미기시는 그녀의 초상화의 완성을 지연시켜 붓을 계속 들었다. 그 노력이 결실을 맺어 둘은 결혼하게 되었다.


 〈油彩作品一覧〉へもどる     〈ギャラリー〉へもどる

 北海道立三岸好太郎美術館トップページへもどる
                

mima 北海道立三岸好太郎美術館   MIGISHI  KOTARO  MUSEUM  OF  ART,  HOKKAIDO                                                             〒060-0002 札幌市中央区北2条西15丁目  TEL: 011-644-8902    FAX: 011-644-8902   テレホンサービス:011-621-7000