スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 北海道立三岸好太郎美術館 >  檸檬持てる少女解説


最終更新日:2018年6月20日(水)


檸檬持てる少女



lemon2

檸檬持てる少女油彩・ボール紙1923(大正12)527×453mm春陽会第1回展

Girl Holding a Lemon

果物を手に持つ断髪の少女像は一見して、岸田劉生の一連の麗子像を想起させる。上京後の三岸が個展などでそれらを実際に見ていた可能性は高い。しかし劉生の迫真的な写実とは異なり、この作品には素朴な味わいが込められている。人物描写に見る稚拙味は、当時日本に作品が紹介されて人気を呼んでいたアンリ・ルソーの画風にも通じる。そうしたいわば最新の流行を取り入れつつ、三岸は大らかなタッチによる色彩の対比に独自のセンスを打ち出している。春陽会第1回展に50倍近い厳選を通って入選した作品である。経済的に苦しかった三岸は、キャンバスを購入する資金も節約せざるを得ず、この作品をボール紙に描いている。

This is the debut piece of a painter, Kotaro Migishi. In 1923, this piece was exhibited at the exhibition of a new art association "Shunyo-kai" and got accepted. This piece shows his admiration for a painter, Ryusei Kishida who tried creating an unique style of modern Japanese oil painting. Migishi also uses a color contrast, painting simply like the syle of the French Painter, Henri Rousseau. Because Migishi was so poor that he could not afford canvases, this piece was painted on cardboard.  

拿柠檬的少女
该作品是画家——三岸好太郎的出道之作。1923年,该作品入选当时成立伊始的美术团体——春阳会的画展,得以展出。从作品中可以看出作者对意欲创造近代日本独特油画的画家——岸田刘生的倾慕。同时,作者运用了法国画家亨利·卢梭的质朴画法,活用了色彩对比。由于当时贫穷的三岸买不起油画布,该作品是画在卡纸上的。 

레몬을 들고 있는 소녀
화가 미기시 고타로의 데뷔작품. 1923년, 당시 새롭게 탄생한 미술 단체 슌요카이의 전람회에 출품하여 입선한 작품이다. 근대 일본의 독자적인 유채화를 만들어 내려고 한 화가 岸田劉生(기시다 류세이)에 심취한 것이 엿보인다. 또한, 당시 프랑스의 화가・앙리・루소 풍의 소박한 묘사로 색채의 대비를 살려내었다. 당시의 미기시는 궁핍함으로 인해 캔버스를 구입하지 못하여 이 작품은 판지에 그려졌다.
 


 〈油彩作品一覧〉へもどる     〈ギャラリー〉へもどる      〈コレクション〉へもどる      

 北海道立三岸好太郎美術館トップページへもどる
                

mima 北海道立三岸好太郎美術館   MIGISHI  KOTARO  MUSEUM  OF  ART,  HOKKAIDO                                                             〒060-0002 札幌市中央区北2条西15丁目  TEL: 011-644-8902    FAX: 011-644-8902   テレホンサービス:011-621-7000