スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2018年6月20日(水)


のんびり貝



画像のんびり貝

のんびり貝 油彩・キャンバス1934(昭和9)509×1074mm独立美術協会第4回展

Relaxing Seashell

横長の画面の中央に描かれた大きなシャコ貝。「のんびり貝」という命名そのままにユーモラスな雰囲気が漂うが、砂地の上に長く伸びた黒い影やぽっかり口を開けた貝殻の表現には、陽が傾いた砂浜の静寂の中にゆったりと流れる時間を思わせると同時に、どこか虚無的な不安も感じられる。1934(昭和9)年春、旅先から帰った三岸は蝶と貝殻をモチーフとした一連の作品をわずか10日間ほどで描きあげて3月の第4回独立展に出品した。前年の作品とは一変した幻想的な表現は賛否両論を引き起こしている。その後、この作品が売れ、三岸は節子夫人とともに「貝殻旅行」と称して関西旅行に出かけるが、その帰途、一人とどまった名古屋の旅館で持病の胃潰瘍による吐血に倒れ、31歳の短い生涯を閉じることになる。

A big giant clam casts a long shadow on the sand. This piece depicts time passing slowly on the quiet beach as the sun begins to set, and also has somehow a sense of emptiness at the same time. With the money he got for this piece, Migishi took his wife, Setsuko to Kyoto and Nara on the trip, which he called "Seashell Trip," and which was his last trip in his life.  

悠闲的贝壳
该作品描绘的是在沙地上投下长长影子的大砗磲贝壳。阳光斜照的沙滩,一片寂静,时光缓缓流逝,充满虚无感。三岸用出售此画的收入携节子夫人到京都和奈良进行了一次“贝壳旅行”,这也是他人生最后一次旅行。 

한가한 조개
모래땅 위에 긴 그림자를 떨어뜨리는 큰 갯가재 조개가 그려져 있다. 햇빛이 기우는 모래사장의 정적 속에서 느긋하게 흘러가는 시간을 생각하게 하는 것과 동시에 어딘가 허무감을 감돌게 한다 이 작품이 판매된 수입으로 미기시는 세츠코 부인을 동반해 ‘패각여행’으로 칭하고 교토와 나라로 생애 마지막 여행을 떠나고 있다.


 〈油彩作品一覧〉へもどる     〈ギャラリー〉へもどる         〈コレクション〉へもどる   

 北海道立三岸好太郎美術館トップページへもどる
                

mima 北海道立三岸好太郎美術館   MIGISHI  KOTARO  MUSEUM  OF  ART,  HOKKAIDO                                                             〒060-0002 札幌市中央区北2条西15丁目  TEL: 011-644-8902    FAX: 011-644-8902   テレホンサービス:011-621-7000