スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2018年6月26日(火)


見物客



画像見物客

見物客 コラージュ・紙1933(昭和8)294×385mm北海道独立美術作家協会第1回展

Spectators

三岸が、ドイツの造形教育機関バウハウスに学んだ建築家山脇巌と再会したのは、1933(昭和8)年4月初めのことであった。バウハウスでは素材や構成研究の一環としてコラージュ(貼り合わせ)を積極的に導入しており、山脇巌、道子夫妻との交流を通して三岸もドイツの新聞を切り抜いたコラージュ作品を手がけるようになった。モティーフのナンセンスな取り合わせを楽しみつつ、自由な画面構成を試みている。

This piece was created by the technique, collage (Pasting). It is said that Migishi often received German magazines from a friend of him, Iwao Yamawaki who studied at the German formative art school "Bauhaus," and seemed to get a lot of materials for his collage from the magazines. The expression is suggestive of the influence of surrealism.  

旁观者
该画是用拼贴(粘贴)手法创作的作品。据说作者从他在徳国造型教育研究机构——魏玛包豪斯大学深造的朋友山胁严(yamawaki iwao)那里得到了许多徳国杂志,从中获得了很多拼贴画素材。从这幅作品中同时可以看出超现实主义的影响。 

구경꾼
콜라주 기법(마주 붙이기)을 사용하여 제작한 작품. 친구이자 독일의 조형 교육 연구기관・바우하우스에서 공부한 山脇巌(야마와키 이와오)로부터 독일의 잡지를 물려 받았는데 여기에서 콜라주 소재도 다수 조달한 듯 보인다. 초현실주의의 영향도 느끼게 하는 표현이다.


  〈水彩素描作品一覧〉へもどる     〈ギャラリー〉へもどる          〈コレクション〉へもどる      

 北海道立三岸好太郎美術館トップページへもどる
                

mima 北海道立三岸好太郎美術館   MIGISHI  KOTARO  MUSEUM  OF  ART,  HOKKAIDO                                                             〒060-0002 札幌市中央区北2条西15丁目  TEL: 011-644-8902    FAX: 011-644-8902   テレホンサービス:011-621-7000