スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2018年6月26日(火)


黄服少女



画像黄服少女

黄服少女油彩・キャンバス1930(昭和5)911×611mm春陽会第8回展

Girl In Yellow Dress

三岸は生涯を通じて多くの女性に恋をし、また、すぐれた女性像を残している。その時々の画風が女性像の表現にも反映しているが、一連の道化と同じ時期に描かれたこれらの作品では、憂いを帯びた表情やポーズ、あるいは白い襟をつけた衣裳などに共通性が見られる。「黄服少女」は春陽会の会場でマリオネット」と並べて展示され、鏑木清方は「隣にある少女にもマリオネットの糸がつながってゐるように見えたのは錯覚かしら」と感想を述べている。三岸の友人は、このピアノの前に座る少女のモデルを、女性作曲家の先駆者・吉田隆子(よしだたかこ)と推測している。彼女は三岸と交際し〈オーケストラ〉(1933年)に代表されるような音楽的モチーフへと、三岸を導いた人物であった。 

When this piece was first exhibited in 1930, it was displayed next to his piece "Marionette." Because there is something like a doll about the girl, people said that "she seems to be connected to strings of a marionette." A friend of Migishi guessed that the model sitting at the piano is Takako Yoshida, a pioneer of female composers. She was the person who was dating Migishi and guided him to the musical motifs represented by "Orchestra" (1933).  

黄衣少女
1930年,该作品与刚刚发表的《牵线木偶》在相邻位置展出。可能是因为也有着类似人偶的画风,该作品因此被评论为“连着一条木偶线的感觉”。三岸的友人推测这位端坐于钢琴前的少女原型是女作曲家的先驱——吉田隆子。她和三岸曾有交往,引导三岸创作出《管弦乐》(1933年)等以音乐主题作品的正是此人。 

황색 옷의 소녀
1930년에 발표되어 당초〈마리오네트〉의 옆에 전시되었다. 어딘지 모르게 인형 풍으로 느껴지는 탓인지 ‘마리오네트의 실이 연결되어 있는 것 같다’는 평을 받았다. 미기시의 친구는 이 피아노 앞에 앉은 소녀의 모델을 여성 작곡가의 선구자・吉田隆子(요시다 다카코)로 추측하고 있다. 그녀는 미기시와 교제하여 〈오케스트라〉(1933년)로 대표되는 음악적 모티브로 미기시를 이끈 인물이었다.


 〈油彩作品一覧〉へもどる     〈ギャラリー〉へもどる         〈コレクション〉へもどる    

 北海道立三岸好太郎美術館トップページへもどる
                

Copyright:Migishi Kotaro Museum of Art, Hokkaido 2002 All rights reserved.
mima 北海道立三岸好太郎美術館〒060-0002 札幌市中央区北2条西15丁目 Phone.011-644-8901 Fax.011-644-8902
 ご意見・お問い合わせは 011-644-8901 まで             E-mail: migishi.11(a)pref.hokkaido.lg.jp  
    テレホンサービス:011-621-7000