スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 北海道立三岸好太郎美術館 >  三岸好太郎美術館のあゆみ


最終更新日:2017年8月12日(土)


三岸好太郎美術館のあゆみ



mima 北海道立三岸好太郎美術館
MIGISHI KOTARO MUSEUM OF ART, HOKKAIDO

  三岸好太郎 

  コレクション 

     展  覧  会                 

 イ ベ ン ト      

  アクセス    利用案内

     美術館概要  

 

 北海道立三岸好太郎美術館

 20170812外観

営の取組方針

アトリエと美術館  

 美術館館内図

北海道立三岸好太郎美術館は、大正から昭和初期の日本近代洋画史に鮮やかな光彩を放った札幌出身の画家・三岸好太郎の画業を顕彰し、作品その他関係資料の収集と保存、展示、および調査・研究、普及活動を行なう特色ある美術館です。                            三岸節子氏をはじめ遺族4名から220点の三岸好太郎作品が北海道に寄贈されたのを機に、1967年、北海道で初めての美術館となる〈北海道立美術館(三岸好太郎記念室)〉として、当館は札幌市中央区北1条西5丁目に開館しました。                               その後、北海道立近代美術館の開館にともない、1977年に北海道立三岸好太郎美術館と改称して再発足し、さらに1983年、三岸好太郎のアトリエのイメージを設計の一部にとりいれた新館を現在地に建設して移転、新たな開館をしたものです。                                         以来、三岸好太郎の生涯にわたる代表的作品を展示する所蔵品展を中心に、彼の芸術をさまざまな角度からとらえた特別展、また講演会や音楽会などを開催してきました。
2017年の開館50周年を機に、いっそう親しんでいただけるように愛称“mima”(ミマ)を公募により決定し、また、三岸好太郎の先取の精神に学びながら、北海道の若手芸術家の紹介や道内外の美術館と連携した多彩な企画など、美術館の活動の幅をさらに広げていきます。

    美術館の沿革
1967(昭和42)年3月
北海道立美術館条例制定
1967(昭和42)年5月
三岸好太郎作品220点および関係資料の寄付受納
1967(昭和42)年7月
三岸好太郎作品贈呈式
1967(昭和42)年9月
北海道立美術館(三岸好太郎記念室)開館式、一般公開(所在地・札幌市中央区北1条西5丁目)
1977(昭和52)年3月
北海道立三岸好太郎美術館と改称することを決定
1977(昭和52)年6月
北海道立三岸好太郎美術館として開館
 1980(昭和55)年11月

展示室での音楽会(美術館コンサート)を始める

1983(昭和58)年3月
北海道立三岸好太郎美術館新築工事竣工、 4月に移転(札幌市中央区北2条西15丁目)
1983(昭和58)年7月
北海道立三岸好太郎美術館新築開館記念式典、 一般公開
1987(昭和62)年10月
開館10周年記念特別展示「岸田劉生と三岸好太郎」開催
1988(昭和63)年4月
入館料を有料化。この年から年2回の特別展を開催(平成19年より年1回)
1992(平成4)年6月
開館15周年記念特別展「三岸好太郎と三岸節子展」開催
2003(平成15)年4月

生誕100年記念「三岸好太郎展」開催

2011(平成23)年4月
北海道立近代美術館と組織一体化
2013(平成25)年9月
「生誕110年 三岸好太郎展」開催


 北海道立三岸好太郎美術館トップページへもどる

展覧会のご案内

コレクション
収蔵作品
主要作品ギャラリー
 

美術館概要
美術館の取り組み
美術館のあゆみ

事務局からのお知らせ
 
入札情報
 

                   

mima 北海道立三岸好太郎美術館   MIGISHI  KOTARO  MUSEUM  OF  ART,  HOKKAIDO                                                             〒060-0002 札幌市中央区北2条西15丁目  TEL: 011-644-8902    FAX: 011-644-8902   テレホンサービス:011-621-7000