スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 北海道立三岸好太郎美術館 >  北海道立三岸好太郎美術館のホームページ

教育委員会の分類: 文化・スポーツ > 美術館・文学館・芸術館 > 施設

最終更新日:2018年11月10日(土)

 


mimaロゴ

      English  → 中文   한국어 

20100810外観 baner915

北海道立三岸好太郎美術館 MIGISHI KOTARO MUSEUM OF ART, HOKKAIDO
愛称のmima(ミマ)で呼んで下さい!
                      

 三岸好太郎
Kotaro Migishi

コレクション
Collection

 展 覧 会
Exhibition            

イベント 
Event    

アクセス
Access

利用案内

美術館概要
Museum

道立近代美術館

お知らせ


11月10日(土)ミニ・リサイタル ”Le bouquet~心をこめて~”を開催しました。詳細はこちら→チラシ NEW!
218回ミニリ会場風景

特別展「三岸好太郎を追いかけて」「#みまのめ VOL. 2」は11月25日(日)まで。お見逃しなく!
道立近代美術館の特別展の半券提示で一般500円の割引料金となるリピーター割引やファミリー割引もあります。芸術の秋、三岸の代表作の数々(73点出品)や若い作家の多彩な表現をご堪能ください。NEW
oikakete1oikakete5oikakete6


Cafe きねずみが特別展コラボスイーツを発売!
「旅愁クッキー(箱入)」550円と「秋色・蝶々クッキー」300円。いずれも各50個の限定販売です。NEW
kashi kashi2


特別展に関連して、「まぼろしミギシ探索ガイド」を発行しました。亡失あるいは所在不明の三岸作品を当時の展覧会評や現存作品とともに紹介しながら、短い画業をたどるガイドです。詳しくは美術館へ。NEW
gaid gaid2



 「#みまのめ 〈VoL. 2〉」では作家2名(笠見康大、佐藤あゆみ)の解説シートを会場で配布中。NEW!
mima21 mima22 mima23 mima24


10月の4日間、北海道札幌南高等学校がmimaで鑑賞授業を実施。学校での授業(佐藤仁美教諭)+美術館での鑑賞+学芸員の解説+授業のプログラム。生徒は真剣な眼差しで作品を観ていました。NEW
 

 minami minami3
特別展「三岸好太郎を追いかけて」、同時開催「# みまのめ 〈VOL. 2〉」を開催中!→チラシはこちら 
*チラシ右下にある三角の「優待割引券」は、プリントアウトしてご持参いただきますと割引料金でご覧になれます。独立展に発表した蝶と貝の代表作4点を一堂にご覧いただけるまたとない機会です。
baner





AGH アートギャラリー北海道

 連携館(洞爺湖芸術館、北海道アイスパビリオン、トリックアート美術館、後藤純男美術館、北海道風景画館)と三岸好太郎美術館で観覧料の相互割引を始めました。→詳しくはこちら 
*それぞれ他方の美術館の観覧券の半券を提示いただくと観覧料が割引になります。 
NEW!

 スマホスタンプラリー”アートでめぐる北海道”を開催中!→詳しくはこちら 

アートギャラリー北海道を展開中です。 詳しくはバナーをクリック20180309_AGHリンク用バナー


ミギシ・サテライト

ミギシ・サテライト(北菓楼札幌本館 札幌市中央区北1条5条)で9月14日から《崖ノ風景》を展示中。1924年、春陽会に4点入選し春陽会賞を主席で受賞したうちの1点。→ミギシ・サテライト紹介 


三岸好太郎美術館を紹介するラップが、YouTubeで公開中!

北海道教育委員会職員ほか4人のグループ「N.C.F」が、三岸好太郎美術館を紹介するラップを作成しました。 ぜひご覧ください。

●三岸好太郎美術館テーマラップ

https://youtu.be/BKUytlQtYEw


●三岸好太郎美術館テーマラップ初音ミクremix

https://youtu.be/_aqO7mA8fPo


所蔵作品展示解説 解説員のお話を聞きながら、もっと絵を楽しみませんか? 
 会期中の火~土曜日、13時~15時、1名から随時受付。(北海道美術館協力会ボランティアが三岸作品の
魅力をご紹介します) *祝日と、午後のイベントのある日は行いません。 

kaisetu

所蔵作品の画像紹介
当館コレクションの画像はページ上の〈コレクション〉からご覧いただけます。(文化庁の「文化遺産データベース」のサイトにリンクします)また、同ページ内の〈ギャラリー〉でも画像や解説をご覧いただけます。

公募した当館の愛称が決定しました! 愛称は“mima”。「ミマ」と読んで、呼んで下さい。最優秀賞の方お二人のお名前と、mimaのロゴはこちら。 また、2017年2月18日(土)に行った発表と表彰式の模様はこちらをご覧下さい。

「こどものための三岸好太郎展鑑賞プログラム開発事業」の報告を公開しました。詳細はこちら

『省エネルギー化等のリニューアル工事詳細について』 詳細はこちら

札幌の子どもたちに大人気の〈おばけのマ~ル〉。 当館を舞台に活躍する絵本『おばけのマ~ルとちいさなびじゅつかん』はおすすめです!

 三岸作品〈花ト蝶〉エピソード紹介 (北海道新聞 平成22年12月26日第1面掲載) 詳細はこちら


 カフェ & グッズ  Cafe & Goods

cafe

カフェ〈きねずみ〉では、おいしいお飲み物や、桑園地区のお店のパン・焼き菓子などをご用意。カフェからの眺め四季折々にお楽しみ下さい。ミュージアム・グッズも販売しています。
「三岸交響楽」展や「三岸好太郎と池田満寿夫」展の図録(各1,000円)などや、一筆箋(400円)、絵はがき、クリアファイル(400円)、他にもいろいろ。ぜひお立ち寄りを! 
             


美術関連リンク(道立美術館・三岸好太郎作品所蔵美術館・道内美術館・個人美術館ほか)

一宮市三岸節子記念美術館
好太郎の妻で洋画家の三岸節子の美術館。当館のパートナー館です。

アトカル

登録文化財となった好太郎・節子のアトリエ(東京・鷺宮)を生かした活動です。

高輪画廊

好太郎・節子のお孫さん・三岸太郎氏の画廊です。


入札情報

こちらをご覧ください

三岸好太郎

コレクション

 展  覧  会            

イ ベ ン ト     

アクセス利用案内

美術館概要

道立近代美術館

展覧会のご案内

展示解説

コレクション

収蔵作品
主要作品ギャラリー 

三岸好太郎
三岸好太郎の画業
三岸好太郎年譜

三岸好太郎のアトリエ

イベントのご案内

イベント情報


展示室でのイベントについて

美術関連リンク

アクセス・利用案内
アクセス(交通案内)
開館時間と休館日
館内マップ

美術館概要
美術館の取り組み
美術館のあゆみ

事務局からのお知らせ
入札情報 

 

mima 北海道立三岸好太郎美術館
〒060-0002 札幌市中央区北2条西15丁目 電話011-644-8901 テレホンサービス011-621-7000

 ご意見・お問い合わせは 011-644-8901 まで         E-mail: mizushi.11(a)pref.hokkaido.lg.jp