スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 健康・体育課 >  児童生徒の食生活に関する調査報告書


最終更新日:2013年9月02日(月)


児童生徒の食生活に関する調査報告書


 

 

児童生徒の食生活に関する調査報告書について

平成25年8月 

 

 このたび、平成24年10月~11月に実施した児童生徒の食生活に関する調査結果を取りまとめましたので公表します。

 

 

 調査の概要

1 目的
 この調査は、児童生徒の家庭における食生活の実態を調査することにより、子どもの食生活が健康や意欲に及ぼす関連等を把握し、児童生徒が望ましい食習慣を身に付けることができる食育を推進するための基礎資料を得ることを目的とする。

2 調査対象     
 道内の公立小・中学校(札幌市を含む。)から無作為抽出した小学校5年生、中学校2年生及びその児童生徒のふだんの食事の用意をしている保護者(以下「保護者」という。)を対象に調査した。

3 調査期間
 平成24年10月~11月

4 調査対象校・対象者
 小学校 68校 第5学年及び保護者
 中学校 44校 第2学年及び保護者
 【有効回答数】                                                                                                                                                                                                                                                                                               
 小学校 第5学年…2,474 保護者…2,474
 中学校 第2学年…2,220 保護者…2,220

5 調査内容
 (1) 家庭における児童生徒の朝食、夕食、間食等の摂取状況
 (2) 生活リズムの状況(起床・就寝時刻、夕食の時刻)
 (3) 不定愁訴(身体、心、気力、排便に関わること)
 (4) 食に対する意識(自分が気をつけること、家族から注意されること)など
          

 調査結果

1 児童生徒の食生活に関する調査報告書【本編】

2 児童生徒の食生活に関する調査報告書【概要版

 お問い合わせ先

北海道教育庁学校教育局健康・体育課学校給食グループ

電話番号 011-204-5754