スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 健康・体育課 >  「どさん子元気アップチャレンジ」短縄跳び選手権を実施


最終更新日:2017年9月04日(月)


どさん子元気アップチャレンジ短縄跳び選手権


平成29年9月2日(土)、北海きたえーる1階特設ブースで、

「どさん子元気アップチャレンジ 短縄跳び選手権」を実施

 esupo1  esupo2  esupo3

 北海道教育委員会は、9月2日(土)、北海道立総合体育センター(北海きたえーる)で開催された日本フットサルリーグ(通称:Fリーグ)エスポラーダ北海道vs府中アスレティック戦で、「どさん子体力アップ強調月間」の賛同団体である一般社団法人エスポラーダ北海道スポーツクラブの協力をいただき、1階特設ブースにおいて「どさん子元気アップチャレンジ『地域で元気アップ!』 短縄跳び選手権」を実施しました。

 当日は、観戦に来た合計85名の児童の参加があり、小学校低学年の部(第1・2学年)、小学校中学年の部(第3・4学年)、小学校高学年の部(第5・6学年)に分かれ、90秒間の前回し跳び(1回旋1跳躍)に挑戦し、回数を競い合いました。

 各部1位の児童には、エスポラーダ北海道から提供していただいた記念品(ミニボール)を贈呈しました。

                        短縄跳び選手権の結果

小学校低学年の部 

小学校中学年の部 

小学校高学年の部  

1位 あらた くん 

記録 188回

1位 たいち くん  

記録 252回

1位 しゅうと くん  

記録 275回