スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 教職員課 >  飲酒運転の再発防止に向けた取組について

教育委員会の分類: 教職員関係 > 教職員の資質向上 > その他

最終更新日:2016年7月14日(木)


飲酒運転の再発防止に向けた取組について


  道教委職員及び教職員の飲酒運転については、平成27年12月に「北海道飲酒運転の根絶に関する条例」が施行され、関係機関や道民の皆様と共に、飲酒運転の根絶に向けて取り組んでいる中、平成28年6月、道民の先頭に立って取り組むべき、道庁職員、警察官、教員の飲酒運転による検挙や逮捕が続発したことは、道民の皆様の信頼を大きく損なう行為であり、真摯に反省しなければなりません。

  こうした事態を重く受け止め、危機感を共有し、職員一人ひとりが、自らはもとより、同僚も含めた飲酒運転の根絶を決意し、新たに、意識改革の徹底、交通安全運動の実践等の取組を行うため、その取組内容を定めた再発防止策として、道教委職員及び道立学校教職員を対象とした「飲酒運転根絶に向けた「決意と行動」」を、それぞれ策定しました。

  また、各市町村教育委員会に対しても、市町村立学校の教職員について、道立学校に準じた取組を策定し、着実に実施されるよう依頼しております。

  こうした取組を通じて、道教委職員及び教職員の飲酒運転の根絶に向け、一丸となって再発防止に取り組んでまいります。

○ 道教委職員の飲酒運転根絶に向けた「決意と行動」

○ 道立学校教職員の飲酒運転根絶に向けた「決意と行動」

  ・ 飲酒運転根絶誓約書

  ・ 飲酒運転根絶カード (表) (裏)

  ・ 飲酒運転根絶ステッカー

  ・ 飲酒運転根絶パンフレット