スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 教職員課 >  公立学校の教員になるためには

教育委員会の分類: 教職員関係 > 教員採用 > 教員

最終更新日:2016年5月02日(月)


公立学校の教員になるためには


              

公立学校の教員になるためには

 

 道内の公立学校(小学校・中学校・高等学校・特別支援学校)の教員(教諭、養護教

諭又は栄養教諭)になるためには、その相当する免許状を所有しなければならない(た

だし、盲・聾・養護学校については下表を参照。)ほか、北海道教育委員会・札幌市教

育委員会が行う教員採用候補者選考検査を受検し、北海道又は札幌市の教員採用候補者に登録されなければなりません。

 なお、教員採用候補者選考検査の主な受検資格は次のとおりです。

 

1.一般選考

区  分

所 有 教 育 職 員 免 許 状

小学校教諭

小学校教諭の普通免許状

中学校教諭

受検教科の中学校教諭の普通免許状

高等学校教諭

受検教科の高等学校教諭の普通免許状

 

特別支援

学校教諭

小 学 部

小学校教諭及び特別支援学校(盲学校、聾学校又は養護学校)教諭の普通免許状

中 学 部

受検教科の中学校教諭及び特別支援学校(盲学校、聾学校又は養護学校)教諭の普通免許状

高 等 部

受検教科の高等学校教諭及び特別支援学校(盲学校、聾学校又は養護学校)教諭の普通免許状

自立活動

(肢体不自由)

特別支援学校(養護学校)自立活動教諭一種免許状(肢体不自由教育)

養 護 教 諭

養護教諭の普通免許状

栄 養 教 諭

栄養教諭の普通免許状

 

※ 特別支援学校(盲学校)教諭の普通免許状とは、視覚障害者に関する教育の領域の特別支援学校教諭の普通免許状をいいます。

特別支援学校(聾学校)教諭の普通免許状とは、聴覚障害者に関する教育の領域の特別支援学校教諭の普通免許状をいいます。 

特別支援学校(養護学校)教諭の普通免許状とは、知的障害者、肢体不自由者又は病弱者に関する教育の領域の特別支援学校教諭の普通免許状をいいます。

 

 

2.年齢 

区  分

受 検 年 齢

北海道

札幌市

小 学 校 教 諭

59歳以下

受検する選考検査の実

年度内及び翌年度の

4月1日において40

歳未満である者

中 学 校 教 諭

特別支援学校教諭

(高等部・自立活動を除く)

養 護 教 諭

栄 養 教 諭

高 等 学 校 教 諭

受検する選考検査の実

実年度内及び翌年度の

4月1日において50

歳未満である者

特別支援学校教諭

(高等部・自立活動)

 

 

3.注意事項

   (1) 選考区分は「1 一般選考」のほか、各種特別選考があります。

   (2) 受検資格・検査日等は、各年度の北海道・札幌市公立学校教員採用候補者選考検

   査実施要領により決定しますので、必ず各年度の実施要領を確認してください。

 

 

※詳しくは、次のところに照会してください。

 北海道教育庁総務政策局教職員課小中学校人事グループ

  TEL 代表 011-231-4111 内線35-217

            直通 011-204ー5726

道教委トップページへトップページへ  教職員課トップページへ