スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 教職員課 >  学校における働き方改革『北海道アクション・プラン』について


最終更新日:2018年7月18日(水)


 学校における働き方改革『北海道アクション・プラン』について


 北海道教育委員会では、道内の全ての学校において、働き方改革を行うため、取組の方向性を示した「学校における働き方改革『北海道アクション・プラン』」を平成30年3月に策定しました。   


【 目標 】  

1週間当たりの勤務時間が60時間を超える教員を全校種でゼロにする

【 取組期間 】   

平成30年度から平成32年度までの3年間


 【 4つの柱と主な取組項目 】

  • action1 本来担うべき業務に専念できる環境の整備    

◯ 「チーム学校」の実現に向けた専門スタッフ等の配置促進

 (部活動指導員、スクールソーシャルワーカーの配置等)   

◯ 校務支援システムの導入促進   など     

  • action2 部活動指導にかかわる負担の軽減

◯ 部活動休養日等の完全実施

◯ 部活動指導員の配置等   など  

  • action3 勤務時間を意識した働き方の推進と学校運営体制の充実

◯ 人事評価制度等を活用した意識改革の促進

◯ 長期休業期間中における「学校閉庁日」の設定   など

  • action4 教育委員会による学校サポート体制の充実

◯ 調査業務等の見直し   

◯ 勤務時間等の制度改善   など


 目標の達成に向けて、アクション・プランに掲げる各般の取組を進め、毎年度、取組を検証し改善を図るとともに、北海道教育委員会、市町村教育委員会、学校の役割を明らかにし、保護者や地域の方々のご理解をいただきながら、働き方改革を着実に進めます。


  学校における働き方改革「北海道アクション・プラン」 (平成30年3月)

・ 本文     ・ 概要版     ・ 通知文書   

・ リーフレット  (  「教職員用」  ・  「保護者用」  )

 参考資料

      ◯ 道立学校における学校閉庁日の設定について (道教委内ホームページにリンク)
 
 
    ◯ 部活動休養日の完全実施について(通知)  (平成30年3月)

・ 通知(学校あて)     ・ 依頼(関係団体あて)     ・ リーフレット 


◯ 教育職員の時間外勤務等に係る実態調査報告書 (平成29年9月

・ 報告書 【概要版】

・ 報告書 ( 「表紙・目次」 、 「P1~P4」 、 「P5~P44」 、 「P45~P90」 、 「P91~P101」 )  


このページに関するお問い合わせ

〒060-8544 北海道札幌市中央区北3条西7丁目
電話番号:011-206-6804 (総務政策局教職員課働き方改革グループ)
FAX番号:011-232-1051