スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 北海道立近代美術館 >  道立近代美術館省エネルギー改修等事業


最終更新日:2015年3月11日(水)


道立近代美術館省エネルギー改修等事業


 

「新エネルギー等率先導入事業」を活用した

道立近代美術館省エネルギー改修等事業

 当館では、省エネルギーを推進するため、展示室Aとホール天井の照明を、良好な展示環境を実現し省エネルギーと長寿命を両立する「LED」照明に更新しました。

 詳細はこちらから。(PDF:431KB)

 

 【改修内容】

 〇展示室A及びホール天井の照明をLED照明に更新

 〇展示室AのLED照明に明るさを調節する調光装置を設置

 〇電力監視システムによる省エネ効果「見える化」を導入

 【改修効果】

 〇消費電力量を、およそ8.1万kwh/年削減(全国平均一般家庭22世帯分)

 〇CO2排出量に換算すると(火力発電換算値)、およそ55t削減

 〇木のCO2吸収量に換算して、トドマツ約3500本分の吸収量