スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 北海道立近代美術館 >  平成31年度の展覧会


最終更新日:2019年3月29日(金)

平成31年度の展覧会

【近美コレクション】 展示室A
   2019.3.30(土)-2019.7.28(日)  ※前期2019.3.30(土)―2019.5.26(日) / 後期2019.6.8(土)―2019.7.28(日)

1階
風雅の人
蠣崎波響 展

HAKYO KAKIZAKI Exhibition

江戸時代後期に、松前藩の家老という重職に就きながら、優美な花鳥人物を描いた風雅の人、蠣崎波響の魅力をご紹介します。

蠣崎波響
蠣崎波響《狆鉄線花図》1813(文化10)年頃、当館蔵
※前期展示


1階
ざわめきの中へ
謎めくコレクションの打明け話

Captivating Works from Our Collection

当館の5,000点以上ものコレクションの中から、とりわけ不思議な存在感を放つ謎めいた作品たちを紹介します。


三輪
三輪途道《月の舟》1994年、当館蔵

2階
アートギャラリー北海道

「拝啓、藤田嗣治 様」
―フランク・シャーマンと藤田、戦後の交友をめぐって―

"Dear Foujita": The Friendship between Frank Sherman and Tsuguharu Foujita during the Post-World War II Period


戦後来日したフランク・シャーマンが収集した藤田嗣治にまつわる作品、写真、書簡や浮世絵などを紹介します。


fujita
「写真:藤田嗣治」
河村泳静氏蔵/伊達市教育委員会寄託


2階
この1点を見てほしい。

Enjoy One Special Piece

5,000点以上の当館コレクションの中から1点を選び、多角的な研究を通して作品の奥深い魅力をご紹介します。


3月30日(土)~5月26日(日)歌川国貞《浮世五色合 白》
The Work of UTAGAWA Kunisada: White, from the Series of Five Colors of the Floating World
6月8日(土)~7月28日(日)

藤田嗣治《二人の女》
The Work of FOUJITA Tsuguharu: Two Women




主 催

北海道立近代美術館

観覧料

一般 510(420)円、高大生 250(170)円

近美コレクションと三岸好太郎美術館(特別展を除く)を両方観覧する場合
一般 820(660)円、高大生 410(270)円

※( )内は10名以上の団体料金

【無料になる方】
65歳以上、中学生以下、身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその介護者(1名)など。
毎週土曜日、こどもの日ならびに学校の教育活動で利用する高校生。
7月17日(道みんの日)および7月21日(開館記念日)はすべての方が無料。



 【特別展】展示室B
  2019.4.19(金)-2019.5.26(日)

生誕100年 歿後20年
相原求一朗の軌跡
―大地への挑戦―

Kyuichiro Aihara Exhibition

北海道の自然を描き続けた画家・相原求一朗の生誕100年にあたる2018年、及び歿後20年となる2019年を記念し、このたびその画業を紹介する展覧会を開催いたします。本展では、相原の約50年にわたる初期から絶筆までの代表作約80点に愛すべき小品を加えながら大々的に回顧します。


相原求一朗
相原求一朗《天と地と》1998年
相原求一朗美術館蔵


主 催相原求一朗生誕100年記念プロジェクト、北海道新聞社
観覧料

一般 800(600)円 高大生400(300)円 中学生以下無料(小学生以下は要保護者同伴)

※( )内は以下の割引料金です。
・前売料金
・10名以上の団体料金

【無料になる方】
中学生以下(小学生以下は要保護者同伴)、身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその介護者(1名)など。



 【特別展】 展示室B
  2019.6.8(土)-2019.7.28(日)

テレビ北海道開局30周年記念
東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展
Special Exhibition Commemorating the 30th Anniversary of Television Hokkaido
HIGASHIYAMA KAII: Toshodaiji Temple's Miedo Wall Paintings

戦後を代表する日本画家・東山魁夷(1908-1999)が唐招提寺の開基・鑑真和上に捧げた御影堂障壁画は、画家の集大成とも言える代表作。本展では唐招提寺御影堂の修理に際し、障壁画全68面を特別に再現展示。その全貌を紹介するとともにスケッチや下絵などを展示して構想から完成にいたる画家の足跡をたどります。


唐招提寺内部
唐招提寺御影堂内部


障壁画
東山魁夷《唐招提寺御影堂障壁画 濤声》(部分)1975年
唐招提寺蔵




主 催

北海道立近代美術館、テレビ北海道、日本経済新聞社、北海道新聞社

観覧料

一般 1,500(1,300)円、高大生 800(600)円、中学生 600(400)円
小学生以下無料(要保護者同伴)
近美コレクションとの共通券 一般 1,800円、高大生 850円(当日券のみ)

※( )内は以下の割引料金です。
・前売料金
・10名以上の団体料金
・リピーター割引料金(当館または他の道立美術館で開催した特別展の観覧半券をご提示の場合。1枚につきお一人様1回限り有効。有効期限は半券に記載。)

【無料になる方】
小学生以下(要保護者同伴)、身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその介護者(1名)など。



【近美コレクション】展示室A
   2019.8.10(土)-2019.11.10(日)

1階
バック・トゥ・ザ・フューチャー 来るべき20年代に向けて

Novelty of the 1920s Art: Hints for the Coming 20s


さまざまな芸術が花開いた1920年代。つぎの20年代を目前にした今年、アール・デコやエコール・ド・パリなど当館のすぐれたコレクションによって、この時代の前衛性や独想性を探ります。

国吉康雄
国吉康雄《横たわる裸婦》1929年、当館蔵

シュネデル工房
シュネデル工房《幾何文花器》
1920年代、当館蔵



2階
新収蔵品展
New Acquisitions

平成30年度の新収蔵品を紹介します。

新収蔵品
高森明《水門のある風景》1988年、当館蔵


2階
ふれるかたち
Touching Sculptures

彫刻や立体作品に手でふれ、かたちや質感を感じることを通して美術作品を鑑賞する展覧会です。



2階
この1点を見てほしい。
Enjoy One Special Piece

5,000点以上の当館コレクションの中から1点を選び、多角的な研究を通して作品の奥深い魅力をご紹介します。


8月10日(土)~9月26日(木)キスリング《オランダの娘》
The Work of KISLING: Dutch Girl
9月27日(金)~11月10日(日)

淡島雅吉《しづくガラス タンブラー》
The Work of AWASHIMA Masayoshi: Tumblers




主 催

北海道立近代美術館

観覧料

一般 510(420)円、高大生 250(170)円

近美コレクションと三岸好太郎美術館(特別展を除く)を両方観覧する場合
一般 820(660)円、高大生 410(270)円
※10/1~ 一般830(670)円、高大生410(270)円
※( )内は10名以上の団体料金

【無料になる方】
65歳以上、中学生以下、身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその介護者(1名)など。
毎週土曜日ならびに学校の教育活動で利用する高校生。



 【特別展】展示室B
    
2019.8.10(土)-2019.10.14(月・祝)

カラヴァッジョ展
Carravaggio 2019-2020

狂おしいほどの生々しさと輝きに満ちて、17世紀バロック絵画の幕開けを告げたイタリアの天才画家カラヴァッジョ(1571~1610)の光と闇の世界を、栄光と狂乱に彩られた激情の生涯とともに紹介。人物画、風俗画、宗教画など、日本初公開の名作も含めた10点あまりの秀作と、同時代の画家の作品あわせて約40点により、新時代を拓いたカラヴァッジョの魅力に迫ります。




主 催

北海道立近代美術館、北海道新聞社

観覧料

一般 1,600(1,400)円、高大生 800(600)円、中学生 600(400)円
小学生以下無料(要保護者同伴)

※( )内は、以下の割引料金です。
・前売料金
・団体料金(10名以上の場合)
・リピーター割引料金(当館または他の道立美術館で開催した特別展の観覧半券をご提示の場合。1枚につきお一人様1回限り有効。有効期限は半券に記載。)

※近美コレクションとの共通券 一般1,900円、高大生850円(当日券のみ)

【無料になる方】
小学生以下(要保護者同伴)、身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその介護者(1名)など。



【特別展】展示室B
 2019.10.30(水) - 2019.11.10(日) ※前期2019.10.30(水) ― 2019.11.4(月)/後期2019.11.5(火) ― 2019.11.10(日)

北海道書道展第60回記念展
北のかがやき2019

The 60th Anniversary Exhibition of Hokkaido Shodoten
KITA NO KAGAYAKI 2019: SHO-Japanese Calligraphy-Artworks

書は人なり。古典の研究を深めながら、個の表現を探求してきた北海道の書道家たち。伝統書から現代書まで、漢字、かな、篆刻、刻字、近代詩文、墨象、前衛の各分野で活躍する北海道書道展の招待作家、招待会員、会員の約250作品を通して、書の魅力「かがやき」を紹介します。



北のかがやき2019
北海道書道展会場(2017年、札幌市民ギャラリー)



主 催 北海道新聞社
観覧料

一般・大学生800円
前期後期通し券1,000円 前売券700円

【無料になる方】
高校生以下と、身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその介護者(1名)



 【近美コレクション】展示室A
 2019.11.19(火) - 2020.3.15(日)

1階
友田コレクション
西洋版画の名品

Modern Western Prints from the Tomoda Collection

詩人で児童文学者の友田多喜雄氏より寄贈された近現代版画コレクションの中から、西洋版画の名品をご紹介します。


yuwaku
オディロン・ルドン
《『聖アントワーヌの誘惑 第3集再版』より》
1896年(1938年刊)、当館蔵


1階
追悼 松樹路人展

ROJIN MATSUKI Exhibition

戦後日本の具象絵画をリードしてきた北海道出身の洋画家・松樹路人(1927~2017)の初期から晩年にわたる代表作を紹介します。

松樹路人
松樹路人《描き続ける》2010年、当館蔵

 


2階
瀧川嘉子展

YOSHIKO TAKIKAWA Exhibition

板ガラスによる立体彫刻の第一人者・瀧川嘉子(1937~)の代表的作品を紹介します。

瀧川嘉子
瀧川嘉子《境 KYOH No. 53》1993年、当館蔵

 


2階
この1点を見てほしい。

Enjoy One Special Piece

5,000点以上の当館コレクションの中から1点を選び、
多角的な研究を通して作品の奥深い魅力をご紹介します。

11月19日(火)~1月16日(木)

ドーム《鹿文花器》
The Work of DAUM: Vase

1月17日(金)~3月15日(日)

小柴外一《龍香炉》
The Work of KOSHIBA Sotoichi: Incencse Burner




主 催

北海道立近代美術館

観覧料

一般 510(420)円、高大生 250(170)円

近美コレクションと三岸好太郎美術館(特別展を除く)を両方観覧する場合
一般 830(670)円、高大生 410(270)円

※( )内は10名以上の団体料金

【無料になる方】
65歳以上、中学生以下、身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその介護者(1名)など。
毎週土曜日ならびに学校の教育活動で利用する高校生。



 【特別展】展示室B
  2019.11.19(火)-2020.1.13(月・祝)

アイヌの美しき手仕事
柳宗悦と芹沢銈介のコレクションから

The Beauty of AINU Handiwork
From the Collections of Yanagi Soetsu and Serizawa Keisuke

民藝運動の主唱者として知られる柳宗悦は、染色家の芹沢銈介とともに、「アイヌ工藝文化展」(1941年日本民藝館)を開催するなど、昭和前期からアイヌの手仕事の魅力を世に広く発信してきました。ここでは柳宗悦と芹沢銈介の眼によって蒐集されたアイヌコレクションを中心に展示し、それらに宿る美の本質を見つめます。


煙草入れ
《煙草入れ》静岡市立芹沢銈介美術館蔵


木綿衣
《木綿衣》日本民藝館蔵




主 催 北海道立近代美術館、公益財団法人アイヌ民族文化財団
観覧料

一般1,000(800)円、高大生600(400)円、小中生300(200)円

※( )内は以下の割引料金です。
・前売料金
・10名以上の団体料金
・リピーター割引料金(当館または他の道立美術館で開催した特別展の観覧半券をご提示の場合。1枚につきお一人様1回限り有効。有効期限は半券に記載。)

※近美コレクションとの共通券 一般1,300円、高大生650円

【無料になる方】
身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその介護者(1名)など。




 【特別展】展示室B
  2020.1.25(土)-2020.3.15(日)

北海道151年のヴンダーカンマー
Cabinet of Curiosities: 151 Years of Hokkaido History

2018年、「北海道」と命名されて150年が過ぎました。本展では、美術館、博物館、文書館、図書館といった道内諸機関の所蔵品と、現代美術家の作品により、北海道151年が生んださまざまな成果を、15世紀から18世紀にかけてヨーロッパで流行した、蒐集品を飾る部屋「ヴンダーカンマー(驚異の部屋)」さながらに紹介します。


札幌遊園
《札幌中嶋遊園北海道物産共進会会場之図》
1892年、当館蔵


工場
三島常磐《岩見沢工場》明治中期
北海道博物館蔵


ユリ
菅原繁蔵採集《ユリ科マイズルソウ》
1938年、市立函館博物館蔵




主 催 北海道立近代美術館
観覧料

一般 800(600)円、高大生 400(300)円、小中生 200(100)円

※( )内は以下の割引料金です。
・前売料金
・10名以上の団体料金
・リピーター割引料金(当館または他の道立美術館で開催した特別展の観覧半券をご提示の場合。1枚につきお一人様1回限り有効。有効期限は半券に記載。)
※近美コレクションとの共通券 一般1,100円、高大生550円

【無料になる方】
身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその介護者(1名)など。



 

北海道立近代美術館
HOKKAIDO MUSEUM OF MODERN ART
〒060-0001  札幌市中央区北1条西17丁目

■施設全般について: 011-644-6881  ■展示内容、美術一般について: 011-644-6883
■観覧料、団体観覧について: 011-644-6882   ■教育サービスについて: 011-644-6994

Fax: 011-644-6885    E-mail: kinbi.gyomu1@pref.hokkaido.lg.jp   テレフォンサービス: 011-612-7000