スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 北海道立近代美術館 >  平成29年度の展覧会


最終更新日:2017年7月14日(金)

平成29年度の展覧会

【近美コレクション】 展示室A  2017.4.22(土)-2017.8.15(火)

  開館40周年記念
  第I期名品選 Selected Pieces from Our Collection

1階
そして彼らは伝説になった-20世紀の芸術家たち
Legendary Artists of 20th Century

エコール・ド・パリの画家や、フランスに憧れ、影響を受けた
芸術家たちの作品を紹介します。

モーリス・ユトリロ 
モーリス・ユトリロ
《モンルージュの通り(セーヌ)》
1910年頃 当館蔵


1階
小樽芸術村×近美 ガラスコレクション
華やぐ光と彩り
Sparkling Light and Colors:
Glass from the Otaru Art Base and Our Collection

ニトリホールディングスが所蔵する小樽芸術村の秀作と当館の
ガラスコレクションを紹介します。


エミール・ガレ エミール・ガレ
《楓文ランプ》
小樽芸術村蔵


2階
新収蔵品展

New Acquisitions


平成28年度の新収蔵品を紹介します。

野田弘志 野田弘志
《THE-8》
2003-07年 個人蔵(当館寄託作品)


2階
この1点を見てほしい。
Enjoy One Special Piece

5,000点以上の当館コレクションの中から1点を選び、
多角的な研究を通して作品の奥深い魅力をご紹介します。


4月22日(土)~6月11日(日) エミール・ガレ《蜂文花器》
The Work of Emile GALLÉ: Vase
6月22日(木)~8月15日(火)

山内壮夫《戦歿学生長恨碑》
The Work of YAMANOUCHI Takeo:Memorial to Students Who Died in the War




主 催

北海道立近代美術館

観覧料

一般 510(420)円、高大生 250(170)円

・近美コレクションと三岸好太郎美術館(特別展を除く)を両方観覧する場合
一般 820(660)円、高大生 410(270)円

※( )内は10名以上の団体料金

【無料になる方】
65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方など。
高校生は毎週土曜日、こどもの日ならびに学校の教育活動で利用する場合は無料。
7/21(金)は開館記念日のため無料。




 【特別展】 展示室B
 2017.4.22(土)-2017.6.11(日)

開館40周年記念 大原美術館展II
Masterpieces of the Ohara Museum of Art II 


1930年、倉敷市に開館した大原美術館は、本格的に西洋美術を紹介した日本初の美術館として知られています。パブロ・ピカソ、ジョルジュ・ルオー、藤田嗣治や岸田劉生など、1920年代を中心としたヨーロッパと日本の名品、50作家71作品を展示します。

展覧会公式ホームページはこちら

岸田劉生 
岸田劉生
《童女舞姿》
1924年 大原美術館蔵


ラウル・デュフィ 
ラウル・デュフィ
《ドーヴィルの競馬場》
1931年 大原美術館蔵



主 催

北海道立近代美術館、テレビ北海道、北海道新聞社

観覧料

一般 1,300(1,100)円、高大生 700(600)円、中学生 500(400)円
小学生以下無料(要保護者同伴)

共通券 ※近美コレクションと特別展を両方観覧できます
一般 1,600円、高大生 850円(当日券のみ)。

※( )内は以下の割引料金です。
・10名以上の団体料金
・前売料金(4月21日まで)
・リピーター割引料金(当館または他の道立美術館で開催した特別展の観覧半券をご提示の場合。1枚につきお一人様1回限り有効。有効期限は半券に記載。)



 

 【特別展】展示室B
 2017.6.22(木)-2017.8.15(火)

レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展
~日本初公開「タヴォラ・ドーリア」の謎~
Leonardo da Vinci and The Battle of Anghiari The Mystery of Tavola Doria

多くの謎を残すレオナルド未完の大壁画計画《アンギアーリの戦い》。その中心場面を描いた16世紀の油彩画、ミケランジェロが構想した壁画《カッシナの戦い》の原寸大下絵を模写した板絵を、500年の時を超えて展観します。


レオナルド・ダ・ヴィンチ 
作者不詳(レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく)
《タヴォラ・ドーリア》(《アンギアーリの戦い》の軍旗争奪場面)
16世紀前半 ウフィツィ美術館蔵(2012年、東京富士美術館より寄贈)
 Ex S.S.P.S.A.E e per il Polo Museale della città di Firenze-Gabinetto Fotografico

展覧会公式ホームページはこちら


主 催

HBC北海道放送

観覧料

一般 1,300(1,100)円、高大生 900(700)円、小中生 500(300)円

共通券 ※近美コレクションと特別展を両方観覧できます
一般 1,600円、高大生 950円(当日券のみ)

※( )内は、以下の割引料金です。
・団体料金(10名以上の場合)
・前売料金
・リピーター割引料金(当館または他の道立美術館で開催した特別展の観覧半券をご提示の場合。1枚につきお一人様1回限り有効。有効期限は半券に記載。)




【常設展】展示室A
 2017.8.26(土)-2017.11.7(火)

  開館40周年記念
 第II期名品選  Selected Pieces from Our Collection

1階
北海道美術50
名作の秘密を探る

Fifty Masterpieces of Art from Hokkaido

北海道の美術が生んだ名作50点を選りすぐり、作品に潜むさまざまな謎や魅力に迫ります。


林竹治郎 
林竹治郎
《朝の祈り》
1906年 当館蔵


2階
北海道の陶芸
新たなる炎の挑戦
幕末から現代まで Ceramic Art of Hokkaido

幕末期の箱館焼から現代の陶芸作家まで、北海道の陶芸の歩みを紹介します。

箱館焼 
箱館焼
《染付湯呑茶碗・唐太之内ヲナヨボロ》
1860年 当館蔵


2階
ふれるかたち

Touching Sculpture


彫刻や立体作品に手でふれ、かたちや質感を感じることを通じて美術作品を鑑賞する展覧会です。

流政之 
流政之
《ナガレバチ》
1998年 当館蔵


2階
この1点を見てほしい。
Enjoy One Special Piece

5,000点以上の当館コレクションの中から1点を選び、
多角的な研究を通して作品の奥深い魅力をご紹介します。


8月26日(土)~9月12日(火) 寺島春雄《黒い勲章の行進》
The Work of TERASHIMA Haruo: March of Black Decorations
9月13日(水)~11月7日(火)

池谷寅一《初秋小憩》
The Work of IKEGAYA Torakazu: Taking a Rest in Early Autumn




主 催

北海道立近代美術館

観覧料

一般 510(420)円、高大生 250(170)円

・近美コレクションと三岸好太郎美術館(特別展を除く)を両方観覧する場合
一般 820(660)円、高大生 410(270)円

※( )内は10名以上の団体料金

【無料になる方】
65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方など。
高校生は毎週土曜日、文化の日ならびに学校の教育活動で利用する場合は無料。




【特別展】展示室B
 2017.8.26(土) - 2017.10.15(日)

開館40周年記念 北海道新聞社創業130周年記念
ゴッホ展 巡りゆく日本の夢
Van Gogh & Japan

浮世絵を愛好したフィンセント・ファン・ゴッホにとって日本は理想郷であり、創意の源でした。一方、日本人にとってファン・ゴッホは憧れの画家であり、はやくも1920年代には、画家や文学者たちがゆかりの地へ巡礼しています。ファン・ゴッホと日本。互いが抱いた夢の交差をたどります。

展覧会公式ホームページはこちら

フィンセント・ファン・ゴッホ《寝室》 
フィンセント・ファン・ゴッホ
《寝室》
1888年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵
©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

フィンセント・ファン・ゴッホ《種まく人》 
フィンセント・ファン・ゴッホ
《種まく人》
1888年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵
©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)




主 催 北海道立近代美術館、北海道新聞社、NHK札幌放送局、NHKプラネット北海道
観覧料

一般 1,500(1,300)円、高大生 800(600)円、中学生 600(400)円
小学生以下無料(要保護者同伴)


共通券 ※近美コレクションと特別展を両方観覧できます
一般 1,800円、高大生 850円


※( )内は、以下の割引料金です。
・団体料金(10名以上の場合)
・前売料金
・リピーター割引料金(当館または他の道立美術館で開催した特別展の観覧半券をご提示の場合。1枚につきお一人様1回限り有効。有効期限は半券に記載。)




 【特別展】展示室B
 2017.10.22(日)-2017.10.29(日)

天彗社 50周年記念展
Calligraphy by the Tensuisha Group:Celebrating its 50th Anniversary

全国を舞台に活躍している書家・中野北溟を会長とする書道研究・天彗社は50周年を迎えます。
書作の向上と、心のつながりを大切にし、社友200余名の作品を展示します。


中野北溟 
中野北溟
《虎落笛》
2016年 作家蔵



主 催 天彗社50周年記念展実行委員会
観覧料 無料



 【特別展】展示室B
 2017.11.1(水)-2017.11.7(火)

芸術週間
開館40周年
北海道美術館協力会アルテピア設立40周年記念
近美と協力会の40年
Art Week Special



主 催 北海道立近代美術館、北海道美術館協力会アルテピア
観覧料 無料



【近美コレクション】展示室A
 2017.11.22(水) - 2018.4.12(木)

1階
開館40周年記念
ワンダー☆ミュージアム
Wonder Museum

子どもから大人まで、アートの魅力を発見してもらう展覧会です。今回のテーマは「夜」。夜を描いた作品から、暗闇の中での作品鑑賞まで、豊かな創造の世界へご案内します。

花田和治 
花田和治
《月夜》
1982-83年 当館蔵


2階
開館40周年記念
第III期名品選
キスリング《オランダの娘》他
Selected Pieces from Our Collection

当館コレクションから、エコール・ド・パリ、ガラス、北海道の美術など、各ジャンルの代表的作品を紹介します。



キスリング 
キスリング
《オランダの娘》
1928年 当館蔵

 


2階
この1点を見てほしい。
Enjoy One Special Piece

5,000点以上の当館コレクションの中から1点を選び、
多角的な研究を通して作品の奥深い魅力をご紹介します。

11月22日(水)~2月2日(金)

中西利雄《教会の見える風景》
The Work of NAKANISHI Toshio: Landscape with Church

2月3日(土)~4月12日(木)

エミール・オルリック《日本の画家、彫師、摺師》
The Work of Emil ORLIK: Japanese Painter,Carver,Printer




主 催

北海道立近代美術館

観覧料

一般 510(420)円、高大生 250(170)円

・近美コレクションと三岸好太郎美術館(特別展を除く)を両方観覧する場合
一般 820(660)円、高大生 410(270)円

※( )内は10名以上の団体料金

【無料になる方】
65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方など。
高校生は毎週土曜日ならびに学校の教育活動で利用する場合は無料。




【特別展】展示室B
 2017.11.22(水)-2018.1.21(日)

開館40周年記念
追悼特別展  高倉健
Retrospective KEN TAKAKURA

日本映画界の第一線で活躍し、北海道にゆかりの深い映画俳優・高倉健。生涯の出演作205本の映像と貴重な資料で不世出の名優の全仕事を回顧し、その尽きせぬ魅力を紹介します。


高倉健 



鉄道員 
「鉄道員(ぽっぽや)」
1999 ©「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会


主 催

北海道立近代美術館、毎日新聞社

観覧料

一般 1,000(800)円、高大生 800(600)円、中学生以下無料

共通券 ※近美コレクションと特別展を両方観覧できます
一般 1,300円、高大生 650円

※( )内は、以下の割引料金です。
・団体料金(10名以上の場合)
・ファミリー割引(家族が一緒に観覧する場合)
・前売料金
・リピーター割引料金(当館または他の道立美術館で開催した特別展の観覧半券をご提示の場合)




【特別展】展示室B
 2018.2.3(土)-2018.3.25(日)

STV創立60周年記念
『ワだば、ゴッホになる。』
棟方志功展
Retrospective MUNAKATA Shiko

ゴッホ《ひまわり》の挿絵との運命の出会いから画業の道にのめり込んだ棟方志功。色彩豊かな円熟期の木版画、故郷青森への思いを削りだした晩年期の油絵や書まで、「世界のムナカタ」の、おおらかな作品の数々を展示します。


棟方志向

棟方志向
《弁財天妃の柵》1965年
棟方志功記念館蔵

 



主 催

STV札幌テレビ放送

観覧料

一般 1,300(1,100)円、高大生 800(600)円、小中生 500(300)円

※( )内は、以下の割引料金です。
・団体料金(10名以上の場合)
・前売料金
・リピーター割引料金(当館または他の道立美術館で開催した特別展の観覧半券をご提示の場合)




 
北海道立近代美術館トップページへもどる

北海道立近代美術館
HOKKAIDO MUSEUM OF MODERN ART
〒060-0001  札幌市中央区北1条西17丁目

■施設全般について: 011-644-6881  ■展示内容、美術一般について: 011-644-6883
■観覧料、団体観覧について: 011-644-6882   ■教育サービスについて: 011-644-6884

Fax: 011-644-6885    E-mail: kinbi.gyomu1@pref.hokkaido.lg.jp   テレフォンサービス: 011-612-7000