スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 北海道立近代美術館 >  【近美コレクション】R1バック・トゥ・ザ・フューチャー


最終更新日:2019年9月03日(火)

【近美コレクション】
バック・トゥ・ザ・フューチャー 来るべき20年代に向けて
Novelty of the 1920s Art: Hints for the Coming 20s

1920年代――それは、欧米では二つの大戦に挟まれ、いわゆる「狂乱/狂騒の時代」と呼ばれた時期に当たります。芸術の領域では前衛的な試みがつつぎつぎとなされるともにファッションをはじめとする応用芸術も発展しました。また日本では、大正から昭和へと移行したこの時代、明治期から流入した西洋文化の影響が広く大衆にも浸透し、近代化とそれに対する批判との相克のなかで、新しい芸術運動が活発に展開されていきました。


takabatake

高畠達四郎《丘からの眺め》1923年 


schneider

シュネデル工房《幾何文花器》1920年代


hazama

硲伊之助《ふした女》1928年

休館日 月曜日(8月12日、9月16日、9月23日、10月14日、11月4日をのぞく)、8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)、10月15日(火)
開館時間 9:30~17:00(入場は16:30まで)
8・9月の金曜日は19:30まで(入場は19:00まで)
会場 展示室A
主催 北海道立近代美術館
後援 札幌市、札幌市教育委員会

同時開催


【近美コレクション】
新収蔵品展

New Acquisitions

平成30年度の新収蔵品を紹介します。

takamori

高森明《水門のある風景》1988年






【近美コレクション】
ふれるかたち

Touching Sculptures

彫刻や立体作品に手でふれ、かたちや質感を感じることを通して美術作品を鑑賞する展覧会です。

watanabe

渡辺信《萌芽》1978年








この1点を見てほしい。
Enjoy One Special Piece

5,000点を超える当館のコレクションから学芸員が1点を選び、多角的な研究を通して、作品の奥深い魅力をご紹介します。

kisling

8/10(土)~9/26(木) キスリング《オランダの娘》1928年

awashima

9/27(金)~11/10(日) 淡島雅吉《しづくガラス タンブラー》1950年頃


観覧料

一般510(420)円、高大生250(170)円

※( )内は10名以上の団体料金。
※65歳以上、中学生以下、身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方および
    その介護者(1名)などは無料。
※高校生は毎週土曜日、文化の日(11/3)ならびに学校の教育活動で利用する場合は無料。
※特別展「カラヴァッジョ展」(8/10~10/14)との共通券は、一般1,900円、高大生850円(当日券のみ)。
※近美コレクションと三岸好太郎美術館(特別展「三岸好太郎と幻想イメージ」展他(9/1~12/1)を除く)を両方観覧する場合
  一般 820(660)円、高大生 410(270)円

関連事業

2019年度近美コレクション第II期 学芸員によるミュージアム・トーク

近美コレクション展示室内において、学芸員が作品について詳しくお話します。

 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 
  日 時:8月17日(土)、11月9日(土) 各日15:00~15:40
  講 師:松山聖央(当館学芸員)
  会 場:展示室A・1F

 「ふれるかたち」
  日 時:9月8日(日)、9月22日(日) 各日14:00~14:30
  講 師:石井紗輝(当館学芸員)
  会 場:展示室A・2F

 この1点 キスリング
  日 時:8月31日(土)、9月14日(土) 各日10:30~11:10
  講 師:田村允英(当館学芸員)
  会 場:展示室A・2F

 この1点 淡島雅吉
  日 時:10月6日(日)、10月20日(日) 各日14:00~14:40
  講 師:村山史步(当館主任学芸員)
  会 場:展示室A・2F

   すべて聴講無料(要観覧券)

子ども鑑賞ツアー

対話を楽しみながら展示室を巡ります。


  日 時:会期中の毎月第2土曜日(8/10、9/14、10/12、11/9)
     および8月14日(水)、15日(木)、16日(金) 11:00~11:30
  対象:小学生以上




北海道立近代美術館トップページへもどる

北海道立近代美術館
HOKKAIDO MUSEUM OF MODERN ART
〒060-0001  札幌市中央区北1条西17丁目

■施設全般について: 011-644-6881  ■展示内容、美術一般について: 011-644-6883
■観覧料、団体観覧について: 011-644-6882   ■教育サービスについて: 011-644-6884

Fax: 011-644-6885    E-mail: kinbi.gyomu1@pref.hokkaido.lg.jp   テレフォンサービス: 011-612-7000