スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 北海道立近代美術館 >  【近美コレクション】H30近美コレクション フランク・シャーマンコレクション


最終更新日:2018年4月21日(土)

2018.4.21(土)-6.24(日)

【近美コレクション】
河村泳静所蔵/伊達市教育委員会寄託

フランク・シャーマンコレクション あるアメリカ人が見た戦後日本美術
FRANK EDWARD SHERMAN Collection:
Japanese Art after World War II through the Eyes of an American

fj   f

藤田嗣治とシャーマン                       伊原宇三郎《フランク・シャーマン像》1950年


sk      s

関野準一郎《栄三と松王丸》1953年               澤田哲郎《藤田嗣治像》1942年
※作品は全て河村泳静氏蔵(伊達市教育委員会寄託)

フランク・エドワード・シャーマンは、1945年、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の印刷・出版担当官として来日しました。日本と芸術を愛したシャーマンは、12年に及ぶ日本滞在中、藤田嗣治をはじめ、猪熊弦一郎、伊原宇三郎ら、多くの日本人芸術家と交流をもち、彼らを支援しました。日本を離れた後も親交を続け、多くの写真を撮り、作品をコレクションしました。1991年にシャーマンが死去した後、その膨大なコレクションは、親しかった河村泳静氏に引き継がれ、現在、北海道の伊達市教育委員会が絵画、写真、書簡など約5,000点の寄託を受け、同市のNPO法人噴火湾アートビレッジで管理しています。
本展では、シャーマン・コレクションから絵画、写真、資料など約70点を展示し、日本を愛した一人のアメリカ人の交友の軌跡をたどりつつ、戦後日本美術の一断面を紹介します。
また、この展覧会は、北海道の美術館がネットワークでつながり、双方向でアートを紹介・発信する「アートギャラリー北海道」の一環であり、当館終了後には、三岸好太郎美術館で第二弾が開催されます。

休館日 月曜日(4月30日をのぞく)、5月1日(火)
開館時間 9:30~17:00(入場は16:30まで)
会場 展示室A
主催 北海道立近代美術館
後援 札幌市、札幌市教育委員会
協力 河村泳静氏、伊達市教育委員会、特定非営利活動法人噴火湾アートビレッジ


同時開催


近美コレクション 名品選

Selected Pieces from Our Collection

平成29年度の新収蔵品を中心に、関連する当館コレクションを紹介します。

y

モーリス・ユトリロ《モンルージュの通り(セーヌ)》 1910頃


この1点を見てほしい。
Enjoy One Special Piece

5,000点を超える当館のコレクションから学芸員が1点を選び、多角的な研究を通して、作品の奥深い魅力をご紹介します。

o

大月源二《三河の農夫ポノマリヨフ》1943年

観覧料

一般510(420)円、高大生250(170)円

※( )内は10名以上の団体料金。
※65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方などは無料。
※高校生は毎週土曜日、こどもの日ならびに学校の教育活動で利用する場合は無料。
※特別展「ブリヂストン美術館展」(4/21~6/24)との共通券は、一般1,800円、高大生850円(当日券のみ)。

関連事業

 ギャラリー・ツアー

当コレクションの所蔵者である河村泳静氏を講師にお招きし、作品についてお話しいただきます。

※要観覧券

日時 5月12日(土) 14:00~(約30分)
会場 展示室A 2階
講師 河村泳静氏(当コレクション所蔵者)


北海道立近代美術館トップページへもどる

北海道立近代美術館
HOKKAIDO MUSEUM OF MODERN ART
〒060-0001  札幌市中央区北1条西17丁目

■施設全般について: 011-644-6881  ■展示内容、美術一般について: 011-644-6883
■観覧料、団体観覧について: 011-644-6882   ■教育サービスについて: 011-644-6884

Fax: 011-644-6885    E-mail: kinbi.gyomu1@pref.hokkaido.lg.jp   テレフォンサービス: 011-612-7000