2015.12.19(土)-2016.3.21(月)

【近美コレクション】
『さとぽろ』とその時代 詩・版画・都市のモダニズム
Art Magazine SATOPORO and its Times:

Modernism in Art and the City

1925年6月、札幌で詩と創作版画の雑誌が誕生しました。その名は、『さとぽろ』。創刊同人は外山卯三郎(とやま・うさぶろう)、斎藤護国(さいとう・もりくに)、伊藤秀五郎(いとうひでごろう)、服部光平(はっとり・こうへい)、宮澤孝(みやざわ・たかし)、相川正義(あいかわ・まさよし)、宮井海平(みやい・かいへい)、伊藤義輝(いとう・よしてる)。彼らは北海道帝国大学(現・北海道大学)の学生と教師。自画・自刻・自刷りの版画を貼りこみ、詩やエッセイにより構成した、珠玉の雑誌でした。1929年、通算29号を最後に終刊し、活動期間は約4年という短いものでしたが、美術と文学はもちろんのこと、音楽、演劇、建築など、さまざまな芸術の最新の動向に敏感に反応し、雑誌の刊行以外にも、展覧会、舞台、コンサートなどの活動を積極的に展開。『さとぽろ』は、1920年代後半の札幌における先鋭的な芸術動向をリードする、意欲的な運動体でした。

本展は、芸術雑誌『さとぽろ』の全貌を紹介してその活動の軌跡を跡付けるとともに、代表的な創作版画を中心に展示。また、雑誌交換をおこなったことが確認できる、他の芸術雑誌をあわせて紹介し、日本の戦前の芸術雑誌の潮流における、『さとぽろ』の位置をうかびあがらせます。

さらに、『さとぽろ』に途中から参加した建築家・田上義也に焦点をあて、田上が『さとぽろ』の人脈とのかかわりの中から生み出していったモダンな建築や、住宅のために設計された家具も展示。札幌というモダン都市に根ざした芸術活動としての『さとぽろ』の性格を浮き彫りにします。

本展は、『さとぽろ』創刊90年を記念して開催するもので、北海道立文学館「『さとぽろ』発見 大正 昭和・札幌 芸術雑誌にかけた夢」展(2016年1月30日~3月27日)と連携して企画するものです。本展ならびに文学館「『さとぽろ』発見」展をあわせてご覧いただくことにより、芸術雑誌『さとぽろ』を、よりゆたかに味わっていただくことができるでしょう。

北海道立文学館が編集発行した「『さとぽろ』発見」展 資料集の販売を、当館ミュージアムショップでおこなっています。『さとぽろ』に掲載された全絵画作品の図版をカラーで再録すると同時に、全29号の記事総目録も掲載。A4判60ページ、税込800円です。

「『さとぽろ』発見」展 公式ホームページはこちら

 

tramp 

服部光平《『さとぽろ』創刊号表紙》 1925(大正14)年  当館蔵                                                                               

資料集

 

「『さとぽろ』発見」展 資料集 北海道立文学館編集発行 2016年                                                                               


休館日 月曜日(1/11、3/21は開館)、1/12(火)、年末年始(12/28~1/4)
開館時間 9:30~17:00(入場は16:30まで)
会場 展示室A
主催 北海道立近代美術館
後援 札幌市、札幌市教育委員会


同時開催

【近美コレクション】
アートのことば
Modern Art and Words

「芸術は自然を模倣する」など、芸術に関する名言は、古今東西の様々な作品を理解する手助けとして、ひろく人口に膾炙してきました。また、優れた芸術家たちが放つ言葉には、創作と修練の境地から生み出される独自の重さがあり、私たちの記憶につよく残ってきました。

芸術に関する様々なことばが、作品を語り、作家を語り、創作を語り、美術を語り、人生を語ってきました。

本展覧会では、マグリット、ライリーから宮島達男まで、現代的作品とともに、芸術に関する名言を並べてみました。名言の意味と作品の意味、双方を理解するひとつの手立てとしてお愉しみください。

gaikei 
ジェイ・マスラー《街景》 1982年 当館蔵

同時開催

【近美コレクション】
冬季名品選―ライリー《アレスト1》他
Selected Pieces from Our Collection for Winter

「エコール・ド・パリ」、「北海道の美術」、「ガラス工芸」を柱とする北海道立近代美術館のコレクションは、現在5,047点に達しています。「名品選」では、この中から代表的な作品を選りすぐり、春夏秋冬の四季に分けてご紹介しています。

「冬季名品選」では、開館当初に収蔵された「あそびのカップ」シリーズ、ガラス工芸、昨秋公開された映画『FOUJITA』でその生涯が描かれる藤田嗣治のステンドグラスと挿絵本、浮世絵、オプティカル・アート、北海道の絵画などを展示します。

 

aresuto 
ブリジット・ライリー《アレスト1》 1965年 当館蔵 copyright Bridget Riley 2015

 




観覧料

一般510(420)円、高大生250(170)円

 ※( )内は10名以上の団体料金。
 ※65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方などは無料。
 ※高校生は毎週土曜日ならびに学校の教育活動で利用する場合は無料。
 ※「近美コレクション」と、特別展「冬のワンダー・ミュージアム2016」との共通券は、一般850円、高大生400円。
 ※「近美コレクション」と、三岸好太郎美術館所蔵品展を両方観覧する場合は、
 一般820(660)円、高大生410(270)円。


関連事業

☆ギャラリー・ツアー

ボランティアによる近美コレクションガイドツアーです〈休館日、祝日を除く〉。

 火~金曜日 11:30、13:00(展示室A 1階)/14:00(展示室A 2階)
 土・日曜日 13:00(展示室A 1階または2階)
   各回約30分 展示室入場者は聴講無料


☆ギャラリー・トーク

学芸員による展示室講話です。
土曜日 14:00~(約30分)展示室Aにて 展示室入場者は聴講無料

 1/30(土)、2/27(土) 「ことばとアート」
   講師:主任学芸員・穂積利明

 2/6(土)、3/5(土) 「国貞・国芳・英泉にみる江戸の女性の人間模様」 
   講師:学芸員・松山聖央

 2/13(土)、2/20(土) 「『さとぽろ』と日本のアヴァンギャルド芸術雑誌」 
   講師:主任学芸員・井内佳津恵

 3/12(土)、3/19(土) 「遊び心と器-用いられることを拒否するカップ?」 
   講師:学芸員・薗部容子



 

北海道立近代美術館トップページへもどる

北海道立近代美術館
HOKKAIDO MUSEUM OF MODERN ART
〒060-0001  札幌市中央区北1条西17丁目

■施設全般について: 011-644-6881  ■美術全般について: 011-644-6883
■展覧会全般、団体観覧について: 011-644-6882   ■教育サービスについて: 011-644-6884

Fax: 011-644-6885    E-mail: kinbi.gyomu1@pref.hokkaido.lg.jp   テレフォンサービス: 011-612-7000