スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 北海道立近代美術館 >  イベントのご案内


最終更新日:2019年9月08日(日)

 

  イベントのご案内

 カラヴァッジョ展 関連事業

 特別講演会「カラヴァッジョ芸術の革新性」

  日  時:9月23日(月・祝) (1)11:00~12:00 (2)13:30~14:30(各約60分)
  講  師:宮下 規久朗 氏(神戸大学大学院人文学研究科教授)
  定  員:各回230名

 オープニング記念講演会「カラヴァッジョ~時代の申し子あるいは挑戦者~」   ※終了しました

  日  時:8月10日(土) 13:30~14:30(約60分)
  講  師:小佐野 重利 氏(東京大学名誉教授、本展監修者)
  定  員:210名

 特別講演会「カラヴァッジョ絵画の革新性と本展の見どころ」   ※終了しました

  日  時:8月17日(土) 13:30~15:00(約90分)
  講  師:木村 太郎 氏(大阪芸術大学・神戸女学院大学非常勤講師)
  定  員:210名

 特別トーク「カラヴァッジョゆかりの地を訪ねて」   ※終了しました

  日  時:8月24日(土) 13:30~14:30(約60分)
  講  師:土屋 孝浩 氏(北海道新聞社文化部編集委員)
  定  員:210名

 講演会「とっておきイタリア美術」※終了しました

  日  時:9月1日(日) 1回目 13:30~14:30(約60分)  2回目 15:30~16:30(約60分)
  講  師:ヤマザキ マリ 氏(漫画家・随筆家)
  定  員:210名


  ※上記関連事業の会場は、いずれも講堂 要観覧券提示(半券可)
  ※聴講券事前配布(当日10時~展示室入口付近)


 学芸員による展覧会まるかじりガイド「カラヴァッジョ劇場/天才画家の闇と光」

  日  時:9月7日(土)、15日(日)、21日(土)、 15:00~16:00(各約60分)
  会  場:当館講堂
  講  師:当館学芸員
  定  員:各回230名(当日先着順)

 カラヴァッジョ生誕祭

    カラヴァッジョの誕生日(9月29日)にちなみ、わくわくプレゼントやイタリア美術に関する上映会、
  特別セミナーなど、楽しめるイベントを開催(詳細は後日ご案内します)

  日  程:9月28日(土)、29日(日)


 2019近美コレクション第2期 関連事業

 ミュージアム・トーク

学芸員が展覧会や出品作品について詳しくお話しします。

  「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
  日  時:8月17日(土) 15:00~(40分程度)   ※終了しました
  講  師:松山聖央(当館学芸員)

  「ふれるかたち」
  日  時:9月8日(日)、22日(日) 14:00~(30分程度)
  講  師:石井紗輝(当館学芸員)

  「この1点を見てほしい。キスリング《オランダの娘》」
  日  時:8月31日(土)、9月14日(土) 10:30~(40分程度)
  講  師:田村允英(当館学芸員)

 子ども鑑賞ツアー

対話を楽しみながら展示室をめぐります(小学生以上対象、各30分程度)
  「ふれるかたち」
  日  時:8月10日(土)、8月14日(水)、15日(木)、16日(金) 11:00~」   ※終了しました
  講  師:石井紗輝(当館学芸員)

  日  時:9月14日(土) 11:00~
  講  師:齊藤千鶴子(当館主任学芸員)

    ※会場はいずれも当館展示室Aです(要観覧券)。
    ※展示室内での場所は入口でご確認ください。
    ※内容や講師などが変更となる場合があります。

  詳細はこちら

 夏のワークショップ2019

 「カラヴァッジョ展」開催記念 “フォトジェニックなシーンを撮ろう” 光と闇で超リアル!   ※終了しました

 超絶な画力で光と闇を表現し、新時代の潮流を導いたイタリアの画家・カラヴァッジョ。展覧会を鑑賞して作品の魅力を味わったあと、小道具や照明を用いてリアルなシーンを演出し、プロカメラマンの指導のもと、持参したカメラ等で写真撮影を行うワークショップです。参加者のみなさんが撮影した写真は、「カラヴァッジョ展」会期中(~10/14)当館1階フォトコーナーに展示します。

  日  時:8月24日(土) 受付8:30(~12:00頃終了予定)
  場  所:当館造形室および展示室B
  講  師:大滝 恭昌 氏(写真家)
  対  象:子どもから大人まで 20名程度
       参加者はカメラ持参(一眼レフが望ましいが、コンパクトカメラやスマートフォンでも可)
  費  用:「カラヴァッジョ展」観覧料(団体料金)
  応募方法:下記必要事項を記載のうえ、メールでお申し込みください。
   件  名:夏のワークショップ2019 1.参加者氏名(ふりがな) 2.年齢 3.郵便番号 4.住所 5.電話番号
   ア ド レ ス:kinbi.gakugei1@pref.hokkaido.lg.jp
   募集期間:~8月9日(金)〆切
   結果通知:応募多数の場合は抽選の上、結果を8月12日(月)頃までにメールにて通知します

  お問い合わせ:011-644-6993

    詳細はこちら


 令和元年度 美術講座プレミアム

 芸術の世界をさまざまな角度から探索するプレミアムな講座。美術史や歴史・文学に携わる研究者、現在活躍中のアーティストをお招きし、多彩な芸術の世界をじっくりと学びます。

  日  程:9月12日、19日、26日、10月3日、10日(木曜日)
  時  間:受付9:40 講義10:00~11:30
  会  場:北海道立近代美術館 講堂 (札幌市中央区北1条西17丁目)
  定  員:230名
  受  講  料:3,000円 (アルテピア会員の方は2,500円)
     ※道民カレッジ講座と連携しています。[1講座2単位]
  主  催:一般社団法人 北海道美術館協力会
  共  催:北海道立近代美術館、三岸好太郎美術館
  後  援:札幌市、札幌市教育委員会
  講  師:水上 武夫 氏(元北海道立近代美術館顧問)
     工藤 正廣 氏(北海道大学名誉教授、ロシア文学者、詩人)
     鈴木 幸人 氏(北海道大学大学院文学研究院准教授)
     國松 明日香 氏(彫刻家、星槎道都大学客員教授)
     谷本 晃久 氏(北海道大学大学院文学研究院教授)
  申込方法:往復ハガキ
     「往信」に受講希望・氏名(ふりがな)・年齢・性別・郵便番号・住所・電話番号
     「返信」に郵便番号・住所・氏名をお書きください。
     (往復ハガキ以外の申し込みはお受付けできませんので、ご留意願います。)
     (お預かりした個人情報は、美術講座プレミアム以外に使用することはありません。)
     締め切り 令和元年 8月22日(木)必着
     往復はがき「返信」にて、受講決定の可否を 9月5日(木)までにお知らせします。

     宛先 一般社団法人 北海道美術館協力会 事務局
    〒060-0003
     札幌市中央区北3条西18丁目
     電話 011-644-4025
     ホームページ http://www.artepia.or.jp
     E-mail    artepia@artepia.or.jp


    詳細はこちら


 ギャラリー・ツアー

近美コレクション展示室内で、美術館ボランティアが作品を前に、わかりやすく解説する鑑賞ガイドツアーです。
(祝日を除く)

 火~土曜日 11:30、13:00、14:00/展示室A
 
  各回約30分 要観覧券 

 

子ども鑑賞ツアー

近美コレクション展示室内において、学芸員の案内により、対話を楽しみながら作品を鑑賞します。
お子様ひとりでも、ご家族といっしょでも、ご参加いただけます。

 日 時:毎月第2土曜日11:00~(約30分)展示室Aにて
 対 象:小学生以上(当日は高校生以下観覧無料)
 ※保護者は要観覧券(ただし、65歳以上の方などは無料)



北海道立近代美術館
HOKKAIDO MUSEUM OF MODERN ART
〒060-0001  札幌市中央区北1条西17丁目

■施設全般について: 011-644-6881  ■美術全般について: 011-644-6883
■展覧会全般、団体観覧について: 011-644-6882   ■教育サービスについて: 011-644-6884
Fax: 011-644-6885    E-mail: kinbi.gyomu1@pref.hokkaido.lg.jp   テレフォンサービス: 011-612-7000