スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 北海道立近代美術館 >  学校教育でのご利用


最終更新日:2017年4月12日(水)

学校教育でのご利用

児童・生徒、学生、学校関係者の皆様に美術館をご利用いただけます。
教育目的の利用では展覧会の観覧料が免除になる場合があります。

小学校・中学校・高等学校

【要予約】については、ご予約、ご相談ください。 
電話:011-644-6882 FAX:011-644-6885

こんなときにご利用ください。


1 調べ学習や自主研修で、美術館について調べたい・学びたい

●美術館について調べたい 【要予約】 電話:011-644-6882

修学旅行や宿泊学習などでのグループ学習や自主研修、調べ学習などにお役立てください。
当館スタッフが所蔵作品や展覧会、美術館活動についての質問に答えます。

●図書資料等で美術や美術館に関する情報を得たい

美術情報コーナー(ARS)では、当館や道内の美術館で開催された展覧会図録、芸術に関する図書、映像資料などの閲覧が可能です。
※座席数が限られるため、10名以上でご利用の場合は、事前にご相談ください。


2 図工、美術の鑑賞授業で、展覧会を鑑賞したい

●展覧会を団体で観覧したい 【要予約】 団体観覧申込書PDF → <申込> Fax:011-644-6885

【近美コレクション】
当館の所蔵品を紹介する展覧会「近美コレクション」は年間を通じて中学生以下観覧無料、
高校生は毎週土曜日、子どもの日、文化の日ならびに学校での教育活動で利用する場合は観覧無料です。
(引率の先生を含む)
   
【特別展】 
10名以上で団体扱い(割引料金)となります。
※各特別展の観覧料については、お問い合わせください。

●展覧会を観覧する前に解説を聞きたい 【要予約】 団体観覧申込書PDF → <申込> Fax:011-644-6885

当館スタッフが映像を用いて、展覧会(特別展、近美コレクション)の内容や見どころをお話するオリエンテーションを行います。
10名以上の団体で事前にお申し込みください。

※会場や美術館スタッフの都合等によりお受け出来ないこともありますので、予めご了承ください。
※オリエンテーションを実施できない特別展もありますので、詳しくはお問い合わせください。
※日曜、祝日を除きます。

●ギャラリー・ツアー、ミュージアム・トークに参加したい

当館の所蔵品を紹介する「近美コレクション」で、毎日3回、当館ボランティアによるギャラリー・ツアー(展示解説)を開催しています(日曜、祝日は除く)。
また、日曜日の午後2時より学芸員によるミュージアム・トーク(展示室講話)を開催しています
(祝日や他事業と重なる場合は除く) 。

どちらも申込不要で、当日ご参加いただけます。時間や内容等の詳細については、お問い合わせください。

※ギャラリー・ツアー、ミュージアム・トークについてはこちらのとおりです。 


3 キャリア学習や職場体験学習で、美術館の仕事を体験したい

●美術館の仕事を体験したい 【要予約】 電話:011-644-6882

当館の様々な業務を体験することにより、美術館の活動や仕事に関する理解を深めることができます。プログラムについては、ご相談ください。
※中学生以上対象、一日定員8名程度



出張アート教室を行っています。

出張アート教室
【事前応募制事業】
お問い合わせ先 北海道教育委員会生涯学習推進局文化財博物館課:代011-231-4111

当館の学芸員が所蔵作品を学校に持参し、実物ならではの魅力とさまざまな味わい方をお伝えします。
例年6月頃に各教育局から募集の案内が通知されます。


大学等

博物館実習や学芸員インターンシップ(実務研修)、キャンパス・パートナーシップ制度を行っています。



●博物館実習

学芸員資格認定のための実習生を受け入れています。

 
館園実習 【平成29/2017年度の募集は終了しました】
平成29(2017)年度 博物館実習【館園実習】

実習時期: 平成 29 (2017) 年 7 月27日(木) ~ 8 月4日(金)
         7/30(日)・31(月)を除く 7 日間
         各日 10:00 ~ 17:00 ( 昼休憩 12:00 ~ 13:00 )
           * 総実習時間は、7 日間 × 6 時間 = 42 時間
           * 実習時期の詳細については、申込者本人への受入諾否の通知時(平成29年3月末)に
            あらためて連絡します。
実習場所: 北海道立近代美術館(札幌市北 1 条西 17 丁目)
実習定員: 20 名
申込資格:   (1) 美学・美術史・美術教育・美術実技等を学び、将来、美術館での勤務を希望する方。
         (2) 札幌市内または近郊に自宅・実家等があり、実習期間中、当館への通勤が可能な方。
         (3) 学芸員資格取得のために必要な「博物館に関する科目」のうち、
             「博物館概論」を履修済みであり、その他の科目も在学中に履修済みまたは履修予定の方
             (応募者多数の場合は、学年が上の方、履修済み科目の多い方を優先します)。
         (4) 実習期間の全日程について参加可能な方。
申込方法: 〔募集要項〕を確認のうえ、次の2点の書類を準備し、【館園実習】希望者本人が、郵送または
        持参にて、直接当館にお申し込みください(大学等からの申し込みは受付けていません)。
         (1)  北海道立近代美術館 博物館実習【館園実習】 申込書 (指定書式)
         (2)  レポート「館園実習で学びたい事項とその理由」 (A4判横書、1200文字程度、用紙自由)
申込締切: 平成29(2017)年3月15日(水) 書類必着
受入手続: 申込時に提出された書類により実習受入の諾否を決定し、平成29年3月末までに、
         申込者本人にお知らせします。
         受入承諾の連絡を受けた方については、その後、所属大学との手続きをさせていただきます。
連  絡  先: 北海道立近代美術館 学芸部 普及情報課
        〒060-0001 札幌市中央区北 1 条西 17 丁目  tel. 011-644-6884
 
 
 

見学実習 【要予約】 電話:011-644-6884
各大学の担当部署、または担当教員よりお申し込みください。
見学内容等、詳細につきましては学芸部普及情報課にお問い合わせください。


●学芸員インターンシップ(実務研修) 

  道立近代美術館では、より多くの人に美術館の業務を知ってもらい、美術館の魅力を感じてもらうとともに、
美術館学芸員を志す者が、学芸業務を実地で体験してもらい、専門知識を深めることで、今後の美術館活動
を担う人材となってもらことを目的に、インターン(実務研修生)を募集します。
 研修生は、当館職員の指導のもと、直接的な美術館業務に携わることになります。
 研修を受けることを希望する方は、募集要項を熟読のうえ、応募条件に従い、関係書類を当館まで提出して
ください。

(注意事項)
・ 本研修は、博物館学芸員資格を取得するための「博物館実習」には該当しません。
・ 本研修は、各美術館学芸員への就職を斡旋するものではありません。

問合せ先 電話 (011)644-6881(総務企画課直通)

平成29年度 北海道立近代美術館学芸員インターンシップ(実務研修)募集要項
平成29年度 北海道立近代美術館学芸員インターンシップ選考申込書 
平成29年度 北海道立近代美術館学芸員インターンシップレポート用紙



●キャンパス・パートナーシップ制度 

教育活動において美術館を有効に利用し、多くの学生が芸術作品を鑑賞する機会を持ち、優れた芸術作品と出会うことにより情操を豊かにし、創造力を養い、芸術文化を理解する能力を高めることを目的とした、大学等を対象とする制度です。
事前に大学等が年間観覧料を支払うことにより、在籍する学生が観覧料を負担することなく、常設展示の観覧等ができます。

(詳しくはこちら



北海道立近代美術館
HOKKAIDO MUSEUM OF MODERN ART
〒060-0001  札幌市中央区北1条西17丁目

■施設全般について: 011-644-6881  ■美術全般について: 011-644-6883
■展覧会全般、団体観覧について: 011-644-6882   ■教育サービスについて: 011-644-6884

Fax: 011-644-6885    E-mail: kinbi.gyomu1@pref.hokkaido.lg.jp   テレフォンサービス: 011-612-7000