スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 高校教育課 >  H24 北海道・アルバータ州高校生交換留学促進事業のページ


最終更新日:2018年9月07日(金)


H24 北海道・アルバータ州高校生交換留学促進事業のページ


北海道・アルバータ州高校生交換留学促進事業


平成24年度北海道アルバータ州高校生交換留学促進事業考える少女

   本ページは、平成24年度北海道・アルバータ州高校生交換留学促進事業に関する様々な情報を掲載します。明日の北海道を担う高校生、留学生受入校の様々な活動、取り組みについて、広く知っていただくとともに、多くの高校生、保護者、地域の方々が本事業や交換留学、国際交流に興味を持っていただくきっかけとなれば、嬉しく思います。   

 What's New
 公開日 内容 
 H24.10.18 本ページが開設されました。 
 H25.1.22  内容更新しました。 

 

 1 事業日程
   

 年  月  日

内        容 

 平成24年7月20日  事前研修会 
       8月17日  アルバータ州留学生出迎え(新千歳空港)
       8月20日~24日  アルバータ州引率教員による道内学校訪問(受入校7校)
      10月20日  アルバータ州留学生見送り(新千歳空港)
      11月10日  北海道側留学生出発(新千歳空港) 
      11月12日~16日  北海道側引率教員によるア州学校訪問(受入校5校)
 平成25年1月13日  北海道側留学生帰国 

 

 2 交換留学参加校
 

道立高等学校

アルバータ州内公立高等学校 

 札幌西高校     (新規)   Harry Ainlay
 札幌国際情報高校   Bert Church
 石狩南高校     (新規)     Strathcona
   小樽潮陵高校   (新規)     W.P. Wagner
 苫小牧東高校   (新規)     Strathcona 
   静内高校     Bishop Carroll
   弟子屈高校     (新規)   Harry Ainlay

 ※ 道内7校7名、アルバータ州5校7名 計12校14名の参加 

 3 事前研修会

  平成24年7月20日(金)北海道庁別館において事前研修会を開催しました。

  事前研修1事前研修2事前研修3

  事前研修事前研修5事前研修6

 (1)参加者  北海道側留学生、保護者、受入校の担当教員等 約30名
 (2)内 容  ・ 事業日程や受入、渡航に係る留意事項に係る説明
          ・ カナダ人国際交流員によるカナダの歴史や文化、習慣に関する講演
          ・ 前年度参加者による体験談のプレゼンテーション
            ・ 北海道側引率教員によるカナダでの留学に関する講演
            ・ グループディスカッション
 

 4 アルバータ州側留学生の出迎え・引率教員の学校訪問

 (1)アルバータ州側留学生の出迎え

  出迎えの様子

  8月17日(金)アルバータ州の留学生7名と引率教員1名が来道し、ホストファミリーとなる7組の高校生とその家族が新千歳空港にて出迎えました。  

(2)引率教員による学校訪問

 留学生の引率者であるハリー・エインレイ高校のダニエル・伊藤 教諭が、8月20日~24日の期間、道内の留学生受入校を訪問し、学習環境の視察をするとともに、留学生との面談を実施しました。   

5 アルバータ州側留学生の帰国 

  アルバータ州からの留学生が約2ヶ月間の滞在を終え、10月20日(土)に帰国しました。帰国に際して、北海道側のパートナーやホストファミリーが新千歳空港で見送りを行い、それぞれ別れを惜しみながら、再開の約束を交わしていました。

 見送り時の集合写真  

 6 北海道側留学生の出発

  アルバータ州側留学生帰国から3週間経った11月10日(土)、北海道側留学生6名(1名は別日程で渡航)が、約2ヶ月間の留学に向けて渡航しました。
 渡航に先立ち、引率教員の阿部教諭が「日本人としてのアイデンティティをしっかりと持ち、自分の意思をハッキリと伝えることが大事」とアドバイスを送ると、生徒達は「今まで学んできたことを活かし、しっかりと学んで来たい」などと決意を語っていました。
 留学生は現地でクリスマスや正月等のイベントを過ごした後、1月13日(日)に帰国します。
 
 渡航時(集合写真)H24渡航時(保安検査場前) 

 7 北海道側留学生の帰国

  北海道側留学生7名が2ヶ月間の留学期間を終え、1月13日(日)夜、新千歳空港へ降り立ちました。長時間のフライトの疲れも見せず、皆晴れ晴れとした表情で、家族との久しぶりの再会を喜び、口々に「英語のヒヤリング力が向上した。」「想い出に残すだけではなく、今後に活かして行きたい。」などと感想を述べていました。

 H24帰国時(エドモントン)H24帰国時(千歳)

 8 道内各学校における取組 

  アルバータ州留学生の受入校における、滞在中の主な取組についてまとめました。

地域行事等  札幌西高校 ・ 地域巡検(近隣施設の見学)
・ ハロウィーン・パーティー
   苫小牧東高校 ・ 市主催 ぐるーりworld交流会参加
・ 近隣中学校訪問
   弟子屈高校 ・ 地域の子どもとのボランティア活動に参加
・ 地元の夏祭りに参加
・ 町主催歓迎レセプション出席
校内行事等  札幌西高校 ・ 体育大会
・ 留学生交流会
・ 創立100周年記念式典 
   札幌国際情報高校 ・ 留学生歓迎会
・ 札幌マラソン観戦
   石狩南高校 ・ 体育大会
・ 芸術鑑賞
・ 創立30周年記念式典
   小樽潮陵高校 ・ 体育大会
・ 見学旅行
・ プレゼンテーション
   静内高校 ・ 陸上記録会
・ 球技大会 

 

 

 苫小牧東高校

・ 体育大会
・ 強歩大会

   弟子屈高校 ・ 強歩遠足
・ 体育祭
・ 見学旅行
部活動  各 校 

イングリッシュクラブ、美術部、剣道、茶道、クッキング

 

 6 学校における事業の効果

 アルバータ州留学生の受入校から、事業の効果について次のとおり報告がありました。

・ 外国人と英語を使ったコミュニケーション活動に慣れ親しむ場を作ることが出来た。

・ 真剣に次年度の応募を考えたり、将来海外への留学を目指そうとする生徒が出てきた。

・ 留学生を通じてカナダを感じ、文化、習慣、生活への理解を深めた。
・ 外国人に対する精神的な距離を縮められたようである。
・ 英語や異文化に興味を持つ生徒が増えた。

・ 他のクラスでも留学生に話しかける様子が見られ、国際交流への関心が確実に高まった。

・ 英語を身近に感じるきっかけとなっている。
・ 英語に対する抵抗感が少なくなり、教科ではなく、一つの言語として使おうとする生徒が増えた。
 

 7 I found the difference

  今年度からの取り組みとして、留学生が現地で体験した日本とカナダの違いや現地特有の物、事を報告してもらい、"I found the difference"としてまとめました。

 


 北海道・アルバータ州高校生交換留学促進事業のページへ戻る