スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 檜山教育局 >  檜山の教育NOW(局長だより)


最終更新日:2019年8月23日(金)


檜山の教育NOW~檜山からの発信~


 □■□このページは、檜山管内の教育に関する様々な取組やイベントをご紹介するコーナーです。□■□

【 更新情報】

令和元年7月8日 江差かもめ島まつり「千人パレード」に参加しました。NEW

令和元年6月15日 高校生インターンシップ推進事業に係る職場体験を実施しました。

平成31年4月21日 江差町クリーンアップ作戦に参加しました。

平成31年2月15日 檜山北高等学校の鉢花販売会が檜山振興局で行われました。

平成30年10月27日 平成30年度どさんこ☆子ども地区会議」を開催しました。


◆令和元年7月8日

江差かもめ島まつり「千人パレード」に参加しました。

 令和元年7月6日(土)に開催された江差かもめ島まつり「千人パレード」に教育局職員が参加しました。

 快晴のなか行われた「千人パレード」には、檜山教育局からも今年度新たに檜山に着任した職員等

 12名が参加し、練習を重ねた江差音頭と江差甚句をかもめ島まで踊りきりました。

千人パレード1千人パレード2


◆令和元年6月15日

高校生インターンシップ推進事業に係る職場研修を実施しました。

 令和元年6月14日(木)と6月15日(金)の2日間、檜山教育局において、上ノ国高校の生徒が

 高校生インターンシップ推進事業に係る職場体験を行いました。

 生徒はとても緊張した面持ちでしたが、それぞれ一生懸命仕事に取り組んでいました。

 緊張となれない作業からか仕事を始めてからしばらくは肩に力が入っている様子でしたが、しっかりと

 指示を理解して丁寧に仕事をしていました。

 2日間で総務係での文書整理業務、道立学校運営支援室での物品支払業務、模擬入札等を

 行いました。

 2日間のインターンシップで仕事の大変さ、礼儀の大切さを学べたようでした。

インターンシップ1インターンシップ2



◆平成31年4月21日

江差町クリーンアップ作戦に参加しました。

 平成31年4月21日(日)に檜山教育局職員で江差町クリーンアップ作戦に参加しました。

 今年度の檜山教育局からの参加者は16名となり、五勝手漁港の浜を清掃しました。

 当日の天気は快晴及び無風であり、檜山振興局や地域の方々が多数集まり、全員で協力して

 浜を清掃しました。浜には様々な漂流物やゴミが落ちておりましたが、たくさんの観光客に

 見に来ていただけるよう、丁寧にゴミを拾いました。

 今年度も檜山教育局は、このような地域行事に積極的に参加してまいります!

クリーンアップ1クリーンアップ2



◆平成31年2月15日

檜山北高等学校の鉢花販売会が檜山振興局で行われました。

 平成31年2月15日(金)、檜山北高等学校が栽培した鉢花の販売会が檜山振興局で行われました。

 当日販売された花は「サイネリア」、「カランコエ」、「ミニシクラメン」の3種類。

 生徒3名が販売会の前に教育局へ来局し、実習の成果報告を行いました。「細かい作業が大変だった」と花を育てる上で苦労した点などを語ってくれました。

 この日行われた鉢花の販売会は、大盛況のうちに終了しました。

 今年もきれいな花を見せていただきました。檜山北高等学校のみなさん、実習及び販売会お疲れ様でした。

花の販売会1花の販売会3

花の販売会4花の販売会2


◆平成30年10月27日

「平成30年度どさんこ☆子ども地区会議」を開催しました。   


 平成30年10月27日(土)、檜山合同庁舎講堂会場として「どさんこ☆子ども地区会議」を開催しました。   


 本会議は、8月9日(木)と8月10日(2日間砂川開催された「どさんこ☆子ども全道サミット」における協議を踏まえ、児童生徒が主体的にいじめの未然防止に向けて取り組むべき内容を話し合い、管内における「仲良しコミュニケーション活動」の定着と充実に向けた取組を推進することを目的に開催され、檜山管内から79名の小・中学校及び高等学校の児童生徒をはじめ保護者、教育関係者等を含めた、119名が参加しました。   


 会議の進行は、「どさんこ☆全道サミット」の参加者である江差高等学校と乙部町立乙部中学校の生徒2名が務めました。


 会議の開始前には、「いじめ・ネットトラブル根絶!メッセージコンクール」表彰式が行われ、河野局長から6名の入賞者に賞状が授与されました。   


 会議では、「どさんこ☆全道サミット」の参加報告が江差高等学校と乙部町立乙部中学校の生徒2名により行われ「全道サミットでのワークショップの実施内容の報告や、オール北海道の取組に向けた共通テーマについて」などが発表されました。   


 また、「仲良しコミュニケーション活動」について厚沢部町立厚沢部小学校、江差町立江差中学校及び上ノ国高等学校の児童生徒により、各学校の活動状況について発表されました。   


 最後の協議では、全道サミットで決定した共通テーマ「他者の価値観を理解し、地域全体で交流を生み出しやすい環境をつくろう!」をもとに活発な協議が行われました。   


 同会議終了後、引き続き、町ごとに分かれ、「町子ども会議」を実施しました。地区会議で協議した内容を踏まえ、町ごとに小・中、高校生が一緒になって様々なアイデアを出し合いながら「自分たちの町のスローガン」を作成しました。   

 今回作成したスローガンの実現に向け、各町で持ち帰り取組をすすめる予定です。

   2               1

 3 4 5