スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 檜山教育局 >  檜山の教育NOW(局長だより)


最終更新日:2018年1月29日(月)


檜山の教育NOW~檜山からの発信~


 □■□このページは、檜山管内の教育に関する様々な取組やイベントをご紹介するコーナーです。□■□

【 更新情報】

平成29年11月10日 高校生インターンシップ推進事業に係る職場体験を実施しました。NEW

平成29年7月17日 「北海道みんなの日(道民の日)」の取組から

平成29年6月15日 高校生インターンシップ推進事業にかかる職場体験を実施しました。 

平成29年4月21日 第1回檜山管内社会教育主事等研修会が開催されました。 

平成29年4月7日 新生 奥尻町立奥尻中学校が開校しました 

 


◆平成29年11月10日

高校生インターンシップ推進事業に係る職場体験を実施しました。

 写真1 写真2

インターンシップ写真3 インターンシップ写真1 インターンシップ写真2

 平成29年11月9日~10日の2日間、檜山振興局及び檜山教育局において、江差高校の生徒4名が高校生インターンシップ推進事業に係る職場体験を行いました。

 4名とも緊張した面持ちでしたが、それぞれの受入課で一生懸命仕事に取り組んでいました。

 教育局では、1名の生徒が職場体験を行いました。

 当局HPで配信している「檜山の教育NOW」の記事を廊下に掲示する作業では、どのように掲示したら見やすいかなど、自分でレイアウトを考えて掲示板を作成しました。廊下に掲示しておりますので、ご来庁の際にぜひご覧ください。

 2日目は、道立学校運営支援室で財務事務を体験し、午後からは江差町立南が丘小学校で授業の様子を見学しました。

 教育局で職場体験をした生徒が作成した2日間の職場体験の感想をまとめた「職場体験レポート」を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

レポートはこちら


◆平成29年7月17日(月)

「北海道みんなの日(道民の日)」の取組から

 

 7月17日は、「北海道みんなの日(愛称:道みんの日)」です。

 

 北海道のこれまでの歴史、文化や風土について理解と関心を深め、北海道の価値をあらためて認識し、道民であることを誇りに思う心を育むことにより、道民が一体となってより豊かな北海道を築いていくことを期すとともに、道外において、北海道の価値が広く認識される契機とするため、この日が設けられました。

 

 檜山管内には、33校の小・中学校がありますが、全ての小・中学校において「道みんの日」に関連する教育活動が実施されます。   

 

 今回は、その中から、乙部町立栄浜小学校の取組を紹介します。


  1 

 

 乙部町立栄浜小学校は、5クラス、18名の学校です。

 7月12日(水)、第5学年と第6学年の道徳の時間に、北海道の稲作や稲の品種改良にゆかりのある人物に関する授業を実施しました。

                                                                                 2   

 

 北海道版道徳教材「きた ものがたり」(北海道教育委員会)に掲載されている、中山久蔵氏を取り上げ、寒冷地における稲作の難しさ、困難に立ち向かっていく人間の強さを学びました。

  3  

 

 児童のまとめには、稲作の発展に尽くしてきた地域の偉人などに対して、「失敗しても、頑張り、努力を怠らないことの大事さを学んだ」と書いてありました。

    


◆平成29年6月15日(木)

高校生インターンシップ推進事業に係る職場体験を実施しました。

1 2 インターンシップ写真

 平成29年6月15日(木)と6月16日(金)の2日間、檜山教育局内において、上ノ国高校の生徒1名が高校生インターンシップ推進事業に係る職場体験を行いました。

 最初の仕事として、管内生徒指導研究協議会の受付を体験しました。緊張しながらも参加者の皆様にしっかりと挨拶をし、スムーズに受付を完了することができました。

 その後、局長と義務教育指導監とともに江差中学校を訪問し、授業の様子を見学しました。

 また、学校から教育局へ戻ってきてからは、執務室での仕事を体験しました。

 教育局で職場体験をした生徒が作成した2日間の職場体験の感想等をまとめた「職場体験レポート」を掲載しておりますので、 ぜひご覧ください。   

↓クリックするとレポートが開きます。

レポート