スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 檜山教育局 >  檜山の教育NOW(局長だより)


最終更新日:2018年11月09日(金)


檜山の教育NOW~檜山からの発信~


 □■□このページは、檜山管内の教育に関する様々な取組やイベントをご紹介するコーナーです。□■□

【 更新情報】

平成30年10月27日 平成30年度どさんこ☆子ども地区会議」を開催しました。NEW

平成30年10月9日 奥尻町で「家庭教育ナビゲータースキルアップ研修会」を開催しました。NEW

平成30年10月5日 「平成30年度公立学校防火・防災会議」を開催しました。NEW

平成30年8月26日 第67回檜山PTA連合研究大会・母親研修会厚沢部大会兼ほっかいどう学力向上推進事業「子どもの

                学力・生活習慣改善研究会」が開催NEW

平成30年6月15日 高校生インターンシップ推進事業に係る職場見学を実施しました。NEW

平成30年4月22日 江差町クリーンアップ作戦に参加しました。

平成29年11月10日 高校生インターンシップ推進事業に係る職場体験を実施しました。

 


◆平成30年10月27日

「平成30年度どさんこ☆子ども地区会議」を開催しました。

 

 平成30年10月27日(土)、檜山合同庁舎講堂会場として「どさんこ☆子ども地区会議」を開催しました。

 

 本会議は、8月9日(木)と8月10日(2日間砂川開催された「どさんこ☆子ども全道サミット」における協議を踏まえ、児童生徒が主体的にいじめの未然防止に向けて取り組むべき内容を話し合い、管内における「仲良しコミュニケーション活動」の定着と充実に向けた取組を推進することを目的に開催され、檜山管内から79名の小・中学校及び高等学校の児童生徒をはじめ保護者、教育関係者等を含めた、119名が参加しました。

 

 会議の進行は、「どさんこ☆全道サミット」の参加者である江差高等学校と乙部町立乙部中学校の生徒2名が務めました。

 

 会議の開始前には、「いじめ・ネットトラブル根絶!メッセージコンクール」表彰式が行われ、河野局長から6名の入賞者に賞状が授与されました。

 

 会議では、「どさんこ☆全道サミット」の参加報告が江差高等学校と乙部町立乙部中学校の生徒2名により行われ「全道サミットでのワークショップの実施内容の報告や、オール北海道の取組に向けた共通テーマについて」などが発表されました。

 また、「仲良しコミュニケーション活動」について厚沢部町立厚沢部小学校、江差町立江差中学校及び上ノ国高等学校の児童生徒により、各学校の活動状況について発表されました。

 

 最後の協議では、全道サミットで決定した共通テーマ「他者の価値観を理解し、地域全体で交流を生み出しやすい環境をつくろう!」をもとに活発な協議が行われました。

 

 同会議終了後、引き続き、町ごとに分かれ、「町子ども会議」を実施しました。地区会議で協議した内容を踏まえ、町ごとに小・中、高校生が一緒になって様々なアイデアを出し合いながら「自分たちの町のスローガン」を作成しました。

 今回作成したスローガンの実現に向け、各町で持ち帰り取組をすすめる予定です。

   2               1

 3 4 5

  

    


◆平成30年10月9日

奥尻町で「家庭教育ナビゲータースキルアップ研修会」を開催しました。

 平成30年10月9日(火)、奥尻町海洋研修センターを会場として「家庭教育支援者の養成とネットワーク化推進事業」家庭教育ナビゲータースキルアップ研修会を開催しました。

 本研修会は講義や演習により、家庭教育についての知識やコミュニケーションの研修を受けた家庭教育ナビゲーターの資質向上を図りながら、情報交流を通して家庭教育支援活動等の一層の充実を目指すことを目的に開催され、奥尻町内から25名の参加がありました。

 最初の「説明」では、北海道教育庁生涯学習推進局生涯学習課主査木幡淳司氏が、道内市町村の家庭教育ナビゲーターの活動例を挙げながら、本事業の概要説明を行いました。

 次の「講義・演習」ではMIW工房コミュニケーション・ナビゲーター姉帯美和子氏が、家庭教育ナビゲーターに必要な技術を身につけるためのワークショップを行いました。姉帯氏からは「怒りを持っている人は困っている人なので冷静に話を聞いてほしい」、「言葉にできない気持ちや思いは態度や表情など体へのサインとして現れるため、相手の態度等に注意を向けて」、「共感的に話を聴くことで、話し手が本来持っている内なる力を発揮することにつながる」等、悩みを抱えている保護者と交流する際に必要な知識・技術についてのお話がありました。参加者は自己開示をしながら話題提供するペアワーク等を行いながら、相手の話を聞くためには、まずは自分から情報を発信することや、傾聴することの大切さ等について学びました。

 最後の「交流」は、「子育て中の若いお母さんたちに気軽に話しかけていきたい」、「まずは家庭間で話をしてみたい」などの意見が出され、今回学んだことをどのような場面で活かせるのかについて話しあいました。

研修会1研修会2

研修会3研修会4


◆平成30年10月5日

「平成30年度公立学校防火・防災会議」を開催しました。

 10月5日(金)に「平成30年度公立学校防火・防災会議」を開催しました。

 本会議は火災や地震などの自然災害への対策の必要性から毎年開催しており、今年は渡島・檜山管内の学校等から20名が参加しました。

 今回の会議には、奥尻町で「災害語りべ隊」の一員として幅広く活躍されている竹田彰さん(写真左上)、檜山振興局地域創生部地域政策課主査(防災)の浅田裕さん(写真右下)、檜山広域行政組合厚沢部消防署予防係長の三崎慶智さん(写真右上)に講師を務めていただきました。

 竹田さんからは体験談を交えた災害時の対応方法、浅田さんからは災害時の関係機関との連携、三崎さんからは初期消火の重要性などの講義を受けた後、屋内消火栓や消火器による消火訓練を行いました。

 参加者からは、「いつ起きるかわからない自然災害に危機感を強く持たなければいけない」、「災害時の危機管理対応についてもう一度見直してみる」などの声が上がり、日頃の防災意識を高めるものとなりました。

防火防災会議1防火防災会議2











防火防災会議3

防火防災会議4












◆平成30年8月26日

第67回檜山PTA連合研究大会・母親研修会厚沢部大会兼ほっかいどう学力向上推進事業「子どもの学力・生活習慣改善研究会」が開催
 平成30年8月26日に厚沢部町体育館を会場として第67回檜山PTA連合研究大会・母親研修会厚沢部大会兼ほっかいどう学力向上推進事業「子どもの学力・生活習慣改善研究会」が開催されました。大会は「ふるさと檜山を愛し、心豊かで生きる希望に満ちた子どもを育てるPTA活動」を主題に開催され、430名の参加がありました。

 午前中のパネルディスカッションでは、上ノ国町立滝沢小学校PTA、乙部町立栄浜小学校PTA、江差町立江差中学校PTA連合会、今金町立種川小学校PTA、奥尻町立奥尻小学校PTA、せたな町立久遠小学校PTAの各代表がパネラーとして登壇し、自校のPTA活動の発表を行いました。

 午後からは、北海道教育大学附属札幌小学校栄養教諭の須合幸司氏による「子どもの可能性を引きだそう!~学力・体力・身長・運動神経を伸ばす具体的な方法~」と題しての講演がありました。須合氏からは、朝食を欠食すると、脳や体を動かすエネルギー源が不足し運動能力が低下してしまうおそれがあること、朝ごはんに卵や豆腐、魚などのたんぱく質のおかずを食べることは脳神経の繋がりが強化されること等、朝食の重要性について説明がありました。また、就寝の数時間前にスマートフォン、テレビ等の電子機器から発せられる強い光が目に入ると、脳を覚醒させる作用があるため、メラトニン(眠りを深めるホルモン)の分泌が妨げられ、深い睡眠時に分泌される成長ホルモンが十分に出ず、子どもの身長が十分に伸びない可能性についても話しがありました。
 参加者はパネルディスカッション及び講演ともに熱心に、時には講師の話などに共感しながら聞き入っていました。
 檜山管内の今後のPTA活動の一層の充実と、子どもたちの学力や生活習慣の改善が期待されつつ、本会を終えました。実行委員会の皆様はじめ関係者の皆様、お疲れ様でした。また、ありがとうございました。
PTA2PTA5

PTA3PTA4



◆平成30年6月15日

高校生インターンシップ推進事業に係る職場体験を実施しました。

 平成30年6月14日(木)と6月15日(金)の2日間、檜山教育局において、上ノ国高校の生徒2名が高校生インターンシップ推進事業に係る職場体験を行いました。

 2名とも緊張した面持ちでしたが、それぞれ一生懸命仕事に取り組んでいました。

 緊張となれない作業からか仕事を始めてからしばらくは肩に力が入っている様子でしたが、しっかりと指示を理解して丁寧に仕事をしていました。

 2日間で総務係での文書整理業務、道立学校運営支援室での物品支払業務、主催事業の受付業務等を行いました。

 2日間のインターンシップで仕事の大変さ、礼儀の大切さを学べたようでした。

インターンシップ1インターンシップ2


◆平成30年4月22日

江差町クリーンアップ作戦に参加しました。

 平成30年4月22日(日)に、檜山教育局職員で江差町クリーンアップ作戦に参加しました。今年度は檜山教育局からの参加者は22名となり、五勝手漁港の浜を清掃しました。

 当日の天気はあいにくの曇り空でしたが、檜山振興局や地域の方々が多数集まり、全員で協力して浜を清掃しました。浜には様々な漂流物やゴミが落ちており、たくさんの観光客に見に来ていただけるよう、丁寧にゴミを拾いました。

 今年度も檜山教育局は、このような地域行事に積極的に参加してまいります!

クリーンアップ作戦写真1クリーンアップ作戦写真2

クリーンアップ作戦写真3


◆平成29年11月10日

高校生インターンシップ推進事業に係る職場体験を実施しました。

 写真1 写真2

インターンシップ写真3 インターンシップ写真1 インターンシップ写真2

 平成29年11月9日~10日の2日間、檜山振興局及び檜山教育局において、江差高校の生徒4名が高校生インターンシップ推進事業に係る職場体験を行いました。

 4名とも緊張した面持ちでしたが、それぞれの受入課で一生懸命仕事に取り組んでいました。

 教育局では、1名の生徒が職場体験を行いました。

 当局HPで配信している「檜山の教育NOW」の記事を廊下に掲示する作業では、どのように掲示したら見やすいかなど、自分でレイアウトを考えて掲示板を作成しました。廊下に掲示しておりますので、ご来庁の際にぜひご覧ください。

 2日目は、道立学校運営支援室で財務事務を体験し、午後からは江差町立南が丘小学校で授業の様子を見学しました。

 教育局で職場体験をした生徒が作成した2日間の職場体験の感想をまとめた「職場体験レポート」を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

レポートはこちら