スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 義務教育課 >  土曜授業の広場


最終更新日:2017年7月31日(月)


「土曜授業」の広場

  子どもたちに対する教育の一層の充実のためには、土曜日において、学校、家庭、地域が連携し、
役割分担しながら、多様な学習、文化やスポーツ、体験活動等の機会を設けるなど、これまで以上に
豊かな教育環境を提供し、その成長を支えることが重要です。  
  道内の各学校における土曜授業の取組を紹介します。 


 ■土曜授業の実践
〈土曜授業の導入に向けて〉

◆ 「土曜授業の導入に向けて」(北海道教育委員会作成資料 H27.3発行)

◆ 道内の各学校の実践

〈土曜授業の充実に向けて〉

◆ 「土曜授業実践事例集」/〈表紙~P8〉 〈P9~20〉  〈P21~29〉(北海道教育委員会作成資料 H28.3発行)

◆ 道内の各学校の実践

〈土曜授業の工夫改善に向けて〉

◆ 「土曜授業モデルカリキュラム)(「平成28年度土曜授業推進事業」実践校作成資料 H29.3)
     ● 主に基礎・基本の定着をねらいとしたモデルカリキュラム
          (南富良野町立南富良野小学校・小清水町立小清水小学校・羅臼町立羅臼小学校
       恵庭市立柏陽中学校・小清水町立小清水中学校)

  ● 主に体験的・問題解決的な学習の充実をねらいとしたモデルカリキュラム
    (寿都町立寿都小学校・日高町立里平小学校・北斗市立谷川小学校
        奥尻町立青苗小学校・稚内市立稚内中学校)

  ● 主に家庭や地域との連携をねらいとしたモデルカリキュラム(小学校)
     (栗山町立角田小学校・栗山町立継立小学校・天塩町立啓徳小学校・
        弟子屈町立和琴小学校・羅臼町立春松小学校)

   ● 主に家庭や地域との連携をねらいとしたモデルカリキュラム(中学校)
    (厚真町立厚南中学校・登別市立幌別中学校・陸別町立陸別中学校)

◆ 道内の各学校の実践

〈土曜授業の検証に向けて〉

 道内の各学校の実践