スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 義務教育課 >  コミュニティ・スクール(義務教育課)


最終更新日:2017年9月20日(水)


コミュニティ・スクール(義務教育課)


コミュニティ・スクールについて

    

コミュニティ・スクールは、学校と保護者や地域の皆さんがともに知恵を出し合い、一緒に協働しながら子どもたちの豊かな成長を支えていく「地域とともにある学校づくり」を進める仕組みです。

コミュニティ・スクールには保護者や地域住民などから構成される学校運営協議会が設けられ、学校運営の基本方針を承認したり、教育活動などについて意見を述べるといった取り組みがおこなわれます。これらの活動を通じて、保護者や地域の皆さんの意見を学校運営に反映させることができます。

 

※コミュニティ・スクールは、小・中学校はもちろん、幼稚園や高等学校などの地域の公立学校に導入可能です。導入するかどうかは、学校、保護者や地域の皆さんの意向等を踏まえて、学校を設置する地方公共団体の教育委員会が決定します。

※平成29年4月に「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」が改正され、コミュニティ・スクールの導入が教育委員会の努力義務となりました。

 

                          
        

   コミュニティ・スクールイメージ

  道内公立学校の導入状況一覧(H29.4.1現在)  

  


■コミュニティ・スクールの推進 

北海道教育委員会では、国の教育振興基本計画を踏まえ、北海道教育推進計画(改訂版)において、コミュニティ・スクールを5年間で小中学校の1割(約140校)に拡大することを目標とし、本制度の導入を積極的に推進しております。

 

 
■コミュニティ・スクール通信

 地域とともにある学校づくりを推進するための情報交換・情報提供のツールとして、「CS通信」を作成しましたので、ご覧ください。

~平成29年度~

CS通信 第3号

CS通信 第2号

CS通信 第1号

~平成28年度~

  第1号から第7号では、平成28年10月21日(金)に共済ホールにおいて開催した「地域とともにある学校づくり」推進フォーラム(北海道会場)の様子、第8号から11号では、本道在住の2名の文部科学省コミュニティ・スクール推進員(CSマイスター)及び北海道教育委員会が委嘱している2名の北海道CSアドバイザーを紹介しています。

CS通信 第11

CS通信 第10

CS通信 第9

CS通信 第8号

CS通信 第7号

CS通信 第6号

CS通信 第5号

CS通信 第4号

CS通信 第3号

CS通信 第2号

CS通信 第1号

 

 


■コミュニティ・スクール 資料 

○H28 コミュニティ・スクール リーフレット(A4 4ページ)

  [P1][P2][P3][P4] 

 

 

  *制度の詳細については、文部科学省のホームページをご覧ください。
            (http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/community/index.htm
                 ○コミュニティ・スクールパンフレット
               ○コミニュティ・スクール設置の手引き
                 ○コミニュティ・スクール事例集