ホーム > 教育庁 > 文化財・博物館課 >  竪穴群ポータル

教育委員会の分類: 文化・スポーツ > 文化財 > 埋蔵文化財

最終更新日:2018年4月26日(木)


竪穴群ポータル



北海道の竪穴群


湧別町にある道指定史跡シブノツナイ竪穴住居跡の竪穴群

湧別町にある道指定史跡「シブノツナイ竪穴住居跡」の竪穴群(平成28年吉田裕吏洋氏撮影、道立埋蔵文化財センター提供)


 古代の人々が作った竪穴(たてあな)住居の跡は日本の各地で発見されていますが、中でも北海道では、そうした建物の跡が地表から窪みとして明瞭にわかる状態で多数残っていることがよく知られています。

 ことに、数百基から千基以上もの住居跡が集中して残っている遺跡は国内では北海道にしか見られず、そのうち代表的なものは日本国の世界遺産暫定一覧表に記載する文化資産の候補として提案されたこともありました(平成19年)。そのような意味で、竪穴住居跡群の遺跡(略して竪穴群)は、北海道を代表する文化財の一つであると言ってよいでしょう。

 北海道教育委員会では、このページを窓口として、現在実施中の竪穴群の調査に関する情報をはじめ、道内の竪穴群の内容や価値を広く知っていただくための情報を公表してまいります。(平成28年10月11日)


ニュース

サハリンの竪穴群発見150周年 (平成30年4月26日)


竪穴群についての各種情報へ

竪穴群の調査 北海道教育委員会で実施中の調査の内容

竪穴群の概要 北海道の竪穴群についての説明資料

調査懇談会 調査の対象や方法に関する意見交換(平成30年3月23日更新)

図書室 隣接する地域の竪穴群について知るために(平成30年4月26日更新)


 このページに関するお問合せは、文化財・博物館課文化財調査グループあてにお願いします(電話(011)231-4111内線35-624)。                                     
                                                          
                                                    

                                                                            
                                                                 

 

このページの情報はお役に立ちましたか?