スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 教育庁 > 北海道立旭川美術館 >  美術館の取り組み・ロゴマーク


最終更新日:2016年6月09日(木)


美術館の取り組み・ロゴマーク


旭川美術館トップページアクセス


  旭川美術館の取り組み・ロゴマーク 

logo

 旭川美術館の取り組み


 旭川美術館職員一同は、この美術館があらゆる世代や地域の方々の行き交う場、集える場所でありたいと願っています。
 美術館には、個人の方、ご家族連れ、学校の児童生徒、障がいのある方等さまざまなお客様が作品を楽しみに訪れます。
 私たち職員、美術館関係者は「思いやり」の気持ちで皆さまをお迎えしたいと思います。 
 そして皆さまからも、お互いに「思いやり」のお裾分けをいただければと願っています。

北海道立旭川美術館長

 旭川美術館ロゴマーク

 このマークは「Asahikawa Museum of Art 」の頭文字「 A M A 」をデザインしたものです。
 それぞれの文字は、歩いている人の脚を図案化したもので、それらが交差することで、人々が行き交う様子を表しています。それぞれの人の色が異なるのは、あらゆる世代や地域の人々が行き交うことを意味しており、旭川美術館がそのような場でありたいという思いが込められています。