スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2018年4月18日(水)


旭川美術館トップページ

第1展示室-Gallery1-


   2018. 2. 6(火) ~ 2018. 4. 15(日)
 アート・クイズ・ギャラリー
 Art Quiz Gallery



絵本原画から現代美術まで、クイズを解きながら幅広いアートと対話する展覧会です。子どもから大人まで楽しく鑑賞できます。

料金

展覧会チラシ


k

鹿目尚志(かのめたかし)
〈逃亡の企て-失意〉
1981年 当館蔵


   2018. 4. 26(木) ~ 2018. 7. 1(日)
 魂を(えぐ)る美がほしい
  魯山人の宇宙
 Rosanjin Kitaoji Exhibition: Ceramic Art



北大路魯山人(1883-1959)の陶磁器を中心に、書画、版画など95点を展示し、魯山人の歩みと精神世界を紹介します。また、魯山人自ら設計した茶室「夢境庵(むきょうあん)」の部分再現展示も行い、生活芸術家としての姿を実感していただきます。

料金

展覧会チラシ


rosanjin

<九谷風鉢>
笠間日動美術館蔵
(カワシマ・コレクション)


   2018. 7. 12(木) ~ 2018. 9. 2(日)
 ユニマットコレクション
  フランス近代絵画と珠玉のラリック展
 UNIMAT COLLECTION: Modern French Paintings and Masterpieces of Lalique Glasswork



ダヴィッド、ドラクロワを代表とする19世紀のアカデミズム絵画からモディリアーニ、フジタ(藤田嗣治)ら20世紀はじめのエコール・ド・パリまで、フランス近代絵画の精華をラリックの幻想的なガラスとともに紹介します。

料金



renoir

オーギュスト・ルノワール
<母子像(アリーヌと息子ピエール)>
1886年 ユニマットコレクション


   2018. 9. 13(木) ~ 2018. 11. 7(水)
  描かれた女たち
  女性像にみるフォルム/現実/夢
 Women in the Japanese Modern Art



日本の近現代絵画から梅原龍三郎や竹下夢二、東郷青児、藤井勉などの多彩な女性像を集め、「フォルム」「現実」「夢」に焦点をあてて紹介。女性と絵画をめぐる近代以降のまなざしを探ります。

料金


morimoto

森本草介(そうすけ)
<微睡の時>
1984年 笠間日動美術館蔵


   2018. 11. 14(水) ~ 2019. 1. 14(月)
 北海道150年事業
  NATURE & ART 木をめぐる美術
  NATURE & ART: Creations in Wood



「木」をキーワードに自然と美術の関わりを探ります。道北の音威子府(おといねっぷ)で制作された砂澤ビッキのダイナミックな代表作も紹介。

料金

北海道150年

アートギャラリー北海道


bikky

砂澤ビッキ
<風に聴く>
1986年 札幌芸術の森美術館蔵


   2019. 1. 19(土) ~ 2019. 1. 25(金)
 毎日書道展第70回記念
  毎日現代書巡回展
 The Mainichi Shodo Exhibition



伝統的な書から現代の書まで、日本を代表する作家と、旭川など道内主要作家の作品をご覧いただけます。

料金

毎日書道展


mainichi_ishitobi

石飛博光
<如影随形>
出展: 法句経(ほっくきょう)


   2019. 2. 22(金) ~ 2019. 3. 31(日)
  探検!?美術館
 Exploring Art and the Art Museum



美術の世界を様々なしかけで、探検するようにお楽しみいただきます。

料金


misawa

三沢厚彦
<Animal 2001-01>
2001年 当館蔵